老けない目元を手に入れる! お金をかけずに目元の若さをキープする5つの大切なこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2016.11.07.Mon

こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。
メイクでとくに力を入れる“目元”。若いころはとくにアイメイクにばかり時間をかけていたと思います。しかし、30代になっていくと急激に老化が進むおそろしいパーツであるのも周知の事実。まぶたの筋力低下により、目の大きさが小さくなっていったり以前よりタレ目になっていったり、多くの人が抗えない目の老化と直面しているのです。
また、残念なことに目のまわりの皮膚はとても薄く少しの衝撃の積み重なりであっと言う間に老けてしまう……。しかし、そんななかでもどうにか若さをキープしたいと思うのが女心。というか、是が非でも老けたくありません。
もし少しでも気になるのであれば今すぐケアを始めましょう!! では、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

目元の若さをキープする5つの大切なこと

1: クレンジングでこすらない

アイメイクはしっかりクレンジングしないと落ちないため、力を入れてオフしてしまいがち。ダメだとわかっていても面倒くさがって適当にクレンジングしてしまうこともあります。しかしその毎日のクレンジングの方法で大きく顔の印象を変えてしまう原因になるのです。
まつげなど強力なクレンジングはしっかりコットンと綿棒を使い、皮膚に直接触れないよう優しく落としていきましょう。それが面倒くさい場合はお湯で落ちるマスカラに今すぐ変えましょう。

2: 睡眠時間をなるべく確保する

睡眠不足によりクマができたり、目が重く感じることってありますよね。言わずもがな睡眠不足は自分が思っているよりも目に負担がかかっています。
なるべく休ませてあげるという意味でも、クマを定着させないためにも、なんとなく起きている時間があるのであればベッドに入って目をつぶりましょう。

3: 疲れたらホットタオル

デスクワークやスマホの使いすぎによって目が疲れたと感じることってありますよね。
そんなときはホットタオルで目元を温めましょう。血流が滞りやすい目元を温めてくすみやクマを予防します。
もちろん目のケアにもいいだけでなくリラックス効果も期待できます。
入浴中、湯船に浸かりながらやると習慣化しやすいかもしれません。

4: 目元の筋トレをはじめる

目が小さくなった、タレ目になったことが気になる場合は筋トレをはじめることをおすすめします。

【方法】
目をぎゅっと強く8秒間つむりパッとあけます。反対に8秒間大きく見開き元に戻します。続いて目をつむった状態から眉毛を大きく上にあげてまぶたが引き伸ばされた状態で8秒キープ。元に戻します。これを1日に3~5セットやりましょう。

5: やっぱり最後はアイクリーム

日々の努力により美しさをキープできれば1番いいですが、やはり強力な味方はアイクリーム。今まで使用したことがない人は使いはじめるだけでも効果があるので、急に高級なクリームを使用する必要はありません。
化粧品に依存せずに目元のハリや若さを保つことは本当の意味で若さをキープできていることにつながると個人的には思っていますが、たまのご褒美ケアがあるとより効果を実感しやすいかもしれません。

いかがでしたか? 10年後の自分のためにアイケアを始めていきたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori