スキンケアの効きが悪くなったら始めるべき4つのケアで美人復活!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2016.11.02.Wed

化粧水をつけても肌に浸透しない、ごわごわして触り心地が悪い……と感じてきたら要注意! スキンケアが肌に浸透していないということは肌の巡りが悪いということです。これを放置しておくことで、シミやシワ、たるみができやすく気が付くと老け顔に……なんてことにもなります。
いつも効果的だったスキンケアが効かなくなってきたと感じたら始めるべき4つのケアをお伝えしていきます。

肌の表面温度が低いと荒れる?

肌表面温度が35.0度だと血流=血巡りがよくツヤのある理想的な肌状態であり、逆に肌表面温度が29.0度と低いと硬くごわつく肌になり、温度が低い状態が続くほど角質がたまりやすく、くすみの原因になります。このことから、肌の巡りが悪くなるとコスメの入りも悪くなることがわかり、巡りをよくすることで、肌の細胞を活性化し素肌力を上げることにつながります。
今回のケアのキーワードは「血流アップ」となりそうです。

4つのケアでスキンケア効果もアップ!

1 … 巡りを高めるコスメを選ぶ

温感を高めるホットジェルや代謝をアップさせる炭酸コスメなどは肌の巡りを高めます。
ホットジェルのクレンジングやマッサージクリーム、炭酸コスメのクレンジングや洗顔料などが人気です。アイテムの力を借りてまずは外から温めることが大切で、毎日朝晩行う洗顔にとり入れることで肌温度が確実にあげていくことを目指せます。

2 … 蒸気で肌を柔らかくする

ホットタオルやスチーマーの蒸気や熱に触れると寒さで収縮した血管がほぐされて血流を促す効果が期待できます。私のおすすめは入浴中の蒸気で、一番手間暇いらずでケアできます。お風呂中にホットタオルをすることでさらに効果的です。肌がやわらかくなり、入浴後、スキンケアの入りがグングンよくなるのを実感できますよ。

3 … 寝るときの冷え予防グッズ

寝るときは血管を締め付けないリラックスできる服装がマストですが、そのほかに、体や肌を冷やさないグッズをとり入れます。アイマスクやネックウォーマーはとくにおすすめで、寝ている間の肌の気温低下を予防するうえに乾燥まで防いでくれます。
また、腹巻や肩ウォーマーなど血管が集中する部位のアイテムも話題となっていますね。翌朝、起きると顔がひんやりしている方はマストケアです。

4 … 肩こり・首こりは諸悪の根源

肩こり・首こりがある方は首から上への血流が悪くなり代謝低下→くすみ肌になりがちです。もちろんスキンケアの入りだって悪くいつも不調を感じていませんか? 肩甲骨と背骨まわりの筋肉をほぐすと首・肩・背中・腕につながる血管が拡張して血液が一気に改善され、皮膚の温度も上がります。
こりを感じている方は毎日、腕まわしや首まわしをゆっくりと行いましょう。とくに腕まわしは気づいたときに行ってほしいほど効果的です。

どんなに高級なスキンケア用品を使っていても浸透していなければ無意味です。スキンケアの効果が悪くならないよう、日頃からこうしたケアを続けていくことが大切ですが、すでに効果が悪いと感じている方は今すぐにとり入れて復活させましょう。
巡りをよくするためには、エステや美顔器、マッサージなどの特別なケアよりもこうした日常でとり入れられる血流アップケアが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/