秋の夏バテ肌には「赤」! 内側からケアするハーブティーとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
齋藤 惠

Written by:

2016.09.20.Tue

夏に受けた紫外線のダメージは秋のうちにしっかりとケアをしておきましょう。とくに、化粧品ではカバーしきれない内側から発生するシミの原因を解消するには、ビタミンCやクエン酸などの栄養素をたっぷりとりいれることが重要です!

サプリよりも自然の美容薬ハーブティーがおすすめ

ビタミンCなどをとろうとするとサプリメントが効率的だと思われがちですが、女性の身体にはより自然でケミカルな成分が少ないハーブティーをおすすめします。
見た目の美しさやハーブの豊かな香りによってリラックス効果も得ることができますし、その日の体調に合わせてブレンドをしたりするのも楽しいですよね。
夏にためてしまったシミの原因をハーブティーによって内側からケアするには、2種類のハーブを上手にとりいれることがポイントとなります。

ビタミンCの爆弾!? ローズヒップの美容効果

美容にいいハーブティーの代表が、ローズヒップティーです。ビタミンCの含有量はレモンの20倍(しかも熱に強い!)と言われるほど! しかし、それだけではなく、カルシウム・鉄分・リコピンなども豊富に含まれています。
主な効能は新陳代謝促進、ホルモンバランスを整える、抗酸化作用など。転じて美白や女性ホルモンの促進に効果があると言われています。

クレオパトラも愛飲!? ハイビスカスの美容効果

ローズヒップの次にご紹介するのが、ハイビスカスです。歴史に残る美女から現代のセレブにいたるまで、多くの女性が美容のために飲んでいるそうです。
その栄養素はクエン酸とリンゴ酸が特徴的で、新陳代謝促進や疲労回復さらに血流改善が期待できるのだとか!
また、ローズヒップ同様にビタミンCや鉄分も豊富に含まれているので、ブレンドして飲むことで相乗効果が期待できます。

美容効果増大! ハイビスカス&ローズヒップの賢いとり方

最近は「美容ティー」としてハイビスカスとローズヒップをブレンドしたハーブティーが販売されているのでとても便利です。しかし、それをただ煎じて飲むだけではなくて、出がらしの実まで食べなければ非常にもったいないのです!
ビタミンCなどの栄養素はお湯に溶けきらないことが多く、そのほとんどが実に残ったままなのだそうです。ですから、実もヨーグルトに混ぜたりハチミツ漬けにしたりして工夫して摂取するようにしましょう!

酸味が苦手なら、パックやお風呂で活用を!

ローズヒップもハイビスカスも酸味があり独特な飲み口です。この味が苦手で飲めない人は、パックに使ったり入浴剤としてとりいれてもいいでしょう。天然のビタミンが肌に働きかけてくれます。
内側からも外側からもハーブの力をかりて、この秋ますます美しくなりましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

齋藤 惠

2015年8月から執筆活動を開始。
専業主婦として家事と子育てが生活のメイン。合間にのんびりとコラムを書く毎日。
金融機関に勤めていたことから金融知識や社会保障についての執筆・取材依頼が多い。
他にも恋愛、結婚、育児、旅行など執筆ジャンルは多岐にわたる。
齋藤 惠 オフィシャルサイト:https://days-saito.amebaownd.com/