夏の肌が汚い! 肌不調を加速させるのはあなたの●●が原因!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2016.08.27.Sat

まだまだ残暑きびしい8月。くたくたに疲れているパーツがあります。それは肌! 肌の調子がイマイチ、不調、ゆらぐ……こんなトラブルが勃発している方は、あなたの●●が原因なのです! 大丈夫、今すぐ対処すれば夏のさわやか美肌に大変身ですよ。

肌不調を加速させているのは?

夏の肌不調を加速させているのは、ずばりあなたの汗!
夏は、顔の皮脂はもちろん、汗の量も大幅に増加します。この汗、じつは思っている以上に肌への負担が大きく、資生堂の調査では室温25℃と室温30℃の汗の量を調べたら頬が約3倍、小鼻が約5倍近く増えていることがわかっています。これは汗がじんわりレベルではなく、吹き出し状態! スキンケア成分と汗が混ざって効果が発揮できなかったり、毛穴やキメの乱れなど夏特有の肌トラブルが起こりやすくなっているのです。

汗対策で肌質改善!

汗乾燥

涼しい部屋に入って汗がひいたとたん、肌が砂漠化した経験がある方はズバリこれ。汗をかいてそのままにしておくと、肌の水分を維持するNMFや必要なぶんの皮脂まで流れ落ちてしまいます。放っておくと肌の内部はカラカラの砂漠状態に。

【対策】
外出先で汗が出たと思ったらすぐにティッシュオフ! ゴシゴシは禁止で優しくポンポンと押さえるようにふきとりましょう。
自宅でのスキンケアは「炎症を鎮める系」「爽快感があるもの」「自らが潤いを蓄えられる保水力に着目したベーシックケア」に切り替えましょう。スキンケア中に汗が出てしまっては効果半減なので、化粧水はコットンに染み込ませパッティングしながら行い皮膚温をさげながら行うと◎。

汗毛穴

汗をかいたあとに鏡をみると「小鼻を中心に化粧が崩れている=毛穴が開いている」と思った経験がある方はズバリこれ。皮膚温の上昇に加えて汗が肌表面を覆ってしまうため、余計に熱がこもり、汗腺や皮脂腺へ刺激を与え、毛穴が開いてしまいます。

【対策】
熱で緩んだ毛穴は冷感アイテムで喝! いつものスキンケア用品を冷蔵庫に冷やすほか、炭酸コスメの爽快感をプラスしたりクールケアにシフトして開ききった毛穴を引き締めましょう!
また、首のうしろには太い血管があり、ここを冷やすだけでクールダウンが長続きするため、冷却タオルや冷やした化粧水を使ってコットンパックを行いましょう。

汗ゆらぎ

肌が弱く、汗をかくとかゆくなる経験がある方はズバリこれ。汗を放置することで、肌がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなり炎症の原因に。加えてこすったりゴシゴシ拭く刺激も肌負担となり、角質のバリア機能が低下し潤いや皮脂バランスも崩れてしまいます。

【対策】
炎症と汗の悪循環を止めるにはバリア機能回復がポイント。バリア機能の強化がコンセプトになっている敏感肌用のコスメにシフトして、過激な状態を立て直しましょう。
また、バリア機能が弱っている肌にはスキンケアもスムーズに浸透していきません。手のひらで優しく包み込み、ゆっくりと押すように浸透を促すことで効果がアップ!

夏の肌トラブルは紫外線に目が向けられがち……。ですが紫外線の影響だけでなく汗も大きく関与していました。今年の夏のケアは汗に着目したケアをはじめてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/