ベタつく肌に彼もドン引き? 夏の不快なベタベタ肌を救う洗顔方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.07.21.Thu

ベタベタ感MAXの夏、不快に感じていませんか? この時期、スキンケアよりも重要なのが「洗顔上手」であること。洗顔料を使って正しく洗顔すると、次に使う化粧水の効果が高まることが期待できます。
また不要な皮脂や汗を取り除くことで、不快なベタベタ感が解消されて、表面はさっぱり、内側は潤いのある美肌をつくる効果もあります。

まずは、毎日のNG洗顔法をチェック!

夏のベタつき感は洗顔を見直すことで解消できます。スキンケアも大切ですが、洗顔が正しく行えているか、チェックしてみましょう!

□ 朝は洗顔料を使わない
□ 泡立てる時間はせいぜい30秒くらい
□ すすぎはシャワー程度の熱めが好き
□ ベタつき、ニキビが気になって一日何度も洗う
□ 顔をふくときは、しっかりゴシゴシ!

✕ 朝は洗顔料を使わない

寝ているときに汗や皮脂が出ているので、汚れを落とすために洗顔料を使うことが必須です! 朝もきちんと洗うようにしましょう。

✕ 泡立てる時間はせいぜい30秒くらい

きめ細かく弾力のある泡をつくることが美肌の鍵。30秒程度の泡立てでは不足している可能性が! 泡立ての方法も見直してみましょう。

✕ すすぎはシャワー程度の熱めが好き

熱めのお湯ですすいでいると肌に必要な成分まで失ってしまいます。ぬるま湯(34~36度)ですすぎの残しがないように。

✕ ベタつき、ニキビが気になって一日何度も洗う

ベタベタ感が気になると、何度も洗顔したくなりますが、多くても3回以内におさめておきましょう。洗いすぎて肌のバリア機能が低下してしまうこともあります!

✕ 顔をふくときは、しっかりゴシゴシ!

タオルでゴシゴシする摩擦も肌には負担。やさしくポンポンとおさえるように水分をふきとりましょう。

洗顔や体を洗う際に大切なのはきめ細かい「泡」!

正しい洗顔の鍵になるのは、やはり「泡」です! 今や常識ですが、やっぱり洗顔ではきめ細かいたっぷりの泡でやさしく洗うこと。これがなによりも大切です。しっかり泡立っているほど、弾力のあるクッションになり、肌を傷つけずに、汚れを落とすことができます。
さらにきめ細かい泡は表面積が大きくなるので、肌の上をやさしく転がすだけで、汚れを包みこみ落としてくれるのです。

洗顔の泡を上手に泡立てるコツは?

洗顔料を泡立てるコツは、水を加える回数と量にあり。最初に加えた水だけでふわふわにするのは難しいので、ティースプーン1杯ほどの水を、途中で2~3回加えて。手首の力をできるだけ抜いて泡立てると、まわりの空気も含みやすくなり、効率よく泡立ちます!
泡立てがうまくできない、時間がないというときは、泡立てネットやムース状の洗顔料を使うもの便利です!
たっぷりの泡で洗うと、心地よさを感じて脳の血流がアップするという話も。幸せ感を味わいながら、洗顔できればストレス解消でさらなる美肌効果も期待できますよね!

正しい洗顔ステップでベタつきを解消!

1. 手と顔をぬらします

泡立ちの邪魔になる汚れや油分を落とすためにまずは手をキレイに洗います。乾いた肌は泡と乗せても泡がつぶれやすく、肌の負担になってしまうので、顔もぬらしておきましょう。

2. 弾力のある泡をつくる

水を加えながら泡立てて、きめ細かい弾力のある泡をつくります。目安は手につけて逆さにしても落ちないくらい弾力のある泡! 洗顔料を手のひらいっぱいのばして、差し水をしながら、空気を含むように泡立てていきます。お茶をたてるようなイメージで手を使って泡立てます。

3. 泡の弾力で洗う

肌の上で泡をコロコロと転がすような感じで、泡の弾力を感じながら顔全体をやさしく洗います。おでこや小鼻など脂っぽい部分は、指の腹を使ってていねいに洗いましょう。洗う時間は長すぎると、必要な潤いを奪ってしまいます。全部で30秒くらいが目安だといわれています!

4. ぬるま湯で優しくすすぐ

すすぎはぬるま湯の流水で1分を目安に。生えぎわやあごまわりなどはすすぎ残しが多いので、念入りにすすぎましょう! お風呂のお湯やシャワーは顔には熱すぎるので注意!

5. タオルでやさしくおさえる

タオルで軽く顔全体をおさえるようにして、水分をオフします。しっかり水分をふきとろうとしてタオルをゴシゴシと上下に動かしたりすると肌を傷つけるので注意してくださいね。

まとめ

洗顔上手になれば、夏のベタベタ感が軽減できるはず! さっそく今日から洗顔方法を夏バージョンに変えてみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net