この夏、知っておきたい! ビーチで崩れないメイクテク5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.07.15.Fri

この季節、ビーチは素敵な出会いの宝庫。常にパーフェクトなメイクを保っていたいけれど、海水や太陽の日差しなどビーチにはメイクの天敵が多くひそんでいます。
メイク崩れを簡単に防ぎ、太陽の下でセクシー&美しさを保つために、今日は夏のメイクアップテクニックについてまとめてみました。

マスカラよりもエクステが◎

マスカラはもちろんウォータープルーフ! いつものばっちりメイクは我慢して、マスカラは上まつげのみに軽めに塗るのがビーチ美人でいるための秘訣。
また、マスカラいらずのエクステも人気。今年の夏は思いきってまつエクにチャレンジしてみるのもいいかも!?

コンシーラーはパウダー必須

ビーチでは汗や海水で崩れてしまいがちのコンシーラー。コンシーラーはスティックタイプ・リキッドタイプ・クリームタプなどさまざまな種類がありますが、ビーチ用メイクも通常使っているタイプでOK。
メイク崩れ防止に大切なのはコンシーラー選びよりも正しいコンシーラーの付け方。コンシーラーはリキッドファンデーションの上に塗り、さらにコンシーラーの上にフェイスパウダーをコーティング。こうすることで、コンシーラーの油分が落ちにくくなり長持ちしやすくなります。

リップメイクの前にパウダーをのせる

解放感のある海辺では、リップメイクでセクシーにキメたいところ。リップメイクを長持ちさせるためには、口紅やグロスを塗る前にまず唇にパウダーもしくはファンデーションをのせるのが◎。余分な脂が吸収されて口紅ののりがよくなるうえに崩れにくくなるメリットが。
また、リップブラシで丁寧に口紅をのせるとリップメイクが映えて長持ちします。

汗にも強いクリームチーク

顔色をあかるくし、健康的でエネルギッシュな雰囲気を演出してくれるチークはビーチシーンには欠かせないメイクアップアイテム。ビーチではパウダーではなくクリームタイプを選ぶのが◎。
汗をかいても崩れにくく暑い日にはピッタリのクリームチークは、のせたあとにさらにパウダーチークをのせるとメイクがさらに長持ちします。パウダーチークを使わない場合は、クリームチークにあらかじめリキッドファンデーションを混ぜ合わせておくと、肌になじみやすくメイク崩れにくくなります。

アイシャドウ下地は必須アイテム

崩れてしまいやすいアイメイクアップは下地づくりが大切なポイント。アイシャドウをつける前には、アイシャドウ下地は欠かせません。下地はアイシャドウの発色をよくするだけでなく、ビーチでアイメイクを長持ちさせる効果も。
また、濃いめのカラーは避け、多少崩れてもわかりにくいパール系などのアイシャドウを選ぶのが◎。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr