なんでシミがないの!? 綾瀬はるかが食べている美肌野菜は●●だった!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.07.08.Fri

毎年シミが増えていく……! とお嘆きの皆さま、できてしまったら治せないものとあきらめていませんか?
20代後半から増えてくるといわれるシミですが、綾瀬はるかさんのように30代になってもシミがない美肌の方もたくさん。どうしたらシミを増やせずに年齢を重ねていくことができるのでしょうか?
今回は、憧れのシミなし女優肌をつくるケア方法をまとめてみました。

美白の常識! シミのケアはいつから始めるべき?

「まだ20代だから大丈夫」「シミがないから、ケアしない」など、シミのケアはできてからじゃないとなかなか始めようと思えないものですよね。ターンオーバーが遅くなると、メラニンの排出も遅くなります。ということは、20歳を過ぎた頃から自分の肌質を見直して、美白ケアを始めるのが◎。
美白化粧品は、できてしまったシミよりもこれからできる未来のシミを防ぐ効果のほうが高いものです。女優さんたちも「できる前に、防ぐ!」ことをなによりも重要と考えているそうです。
すでにシミができて悩んでいる方は、少しでも薄くなるように、これ以上増えないよう、しっかりした紫外線対策を怠らず、美白化粧品を使うようにしましょう!

忙しくても「野菜をプラスする」ことが大事

うっとりするような透明感をもつ綾瀬はるかさんですが、雑誌のインタビューで「どんなに忙しくても野菜をとる。ロケ弁の日はサラダやお惣菜をプラスしている」と話していたそうです。
とくに、トマトや納豆など美白成分が高いものを意識して食べると美白効果が高まるそうです。

ビタミンCだけじゃない! シミに効く栄養素は?

美白効果といえば「ビタミンC」が有名ですが、それ以外にも意識してとっておきたい栄養素があります! 毎日の食事にプラスしてシミなし美肌を目指してみましょう。

ビタミンC

コラーゲンを生成してメラニン色素を無色化する働きがあります。ビタミンCは体内にためこめないので、1日3食のなかで上手にとりいれてくださいね。
ブロッコリー・ピーマン・ゴーヤ・パプリカ・ほうれん草など。

βカロテン

紫外線による肌老化に効果があります。これからの季節は、多めに摂取すると◎。優れた抗酸化作用をもち、10時間後に力を発揮するので夜ごはんにとるのがおすすめです。
しそ・ニンジン・モロヘイヤ・パセリ・バジル・ほうれん草・カボチャなど。

ビタミンE

皮膚の新陳代謝をサポートして、ターンオーバーを促進させます。肉や魚の油と一緒にとると、吸収率が高まるそうです!
いくら・イワシ・たらこ・モロヘイヤ・うなぎ・かぼちゃなど。

リコピン

脂溶性の赤色の色素で、シミの原因になるチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。油と一緒にとると吸収されやすくなるので、オリーブオイルなどと一緒に、トマトを食べると簡単ですよ。
トマト・ミニトマト・ニンジン・ピンクグレープフルーツ・赤パプリカなど。

メラニンを沈着させないためには、内側から美白栄養素を摂取することも必須です。食事だけで補えないときにはサプリを併用しましょう!
30代からも透明感のある美肌をつくるために、毎日の紫外線対策と美白化粧品は必須です。美白効果の高い食べものも意識して食べておきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net