トイレより汚い……スマホが肌荒れ・老化を引き起こす!? 清潔な●●が美肌の秘訣!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.06.10.Fri

肌荒れが気になるときは、スキンケアだけではなく、毎日の習慣を見直すことも大切ですよね。とくに注意したいのが「清潔さ」。ニキビや肌荒れが気になるときは、肌を清潔にすることが重要です。細菌を肌にうつしてしまう習慣を無意識に続けていることも多いのです。今回は、肌を清潔に保つために意識したいことを4つご紹介します!

1: ぺタペタ……手で顔・肌を触るクセをやめる

手は体の中で最も菌が多くついている場所です。手で顔を触ること自体が非常に良くないことといえます! ついクセで顔をペタペタ触ってしまう、鼻を触ってしまう、頬づえをついてしまう……。顔や肌を触るクセがある人は、肌に菌をうつしてしまう行為を繰り返していることになります。ニキビや肌荒れの原因につながるので気をつけましょう。できる限り、手で肌を触れないようにしたいですね! ちなみに……。

汚れた手でニキビに触るのは厳禁!

ニキビができたとき、気になって手で触ってしまうことってよくありますよね。でも汚れた手でニキビを触ると、炎症を悪化させることになりニキビが治りにくく、ニキビ跡やシミとして残りやすくなるので要注意。

2: 枕カバーや寝具は頻繁に洗って清潔にする!

皆さまはどれくらいの頻度で枕カバーなどの寝具を洗っていますか? 1週間以上使った枕カバーやベットカバーには、なんと数百もの菌が繁殖しているのだとか!
1日の3分の1を寝て過ごす私たち。枕にはよだれや細菌、ハウスダストなどがたまっているといわれています。「え~、そんなの知らなきゃよかった!」と思ってしまいますが、肌のためには頻繁な寝具の交換がとても重要なのです。
長期間洗っていない枕・シーツ・パジャマなどをつかっていると、肌荒れ・シミといったさまざまな肌トラブルの原因につながってしまいます。

3: メイク道具やスポンジはこまめに洗って使う

皮脂や化粧品の油分が付着しているメイク用のスポンジやブラシ。長いあいだ洗わずに化粧ポーチに入れ続け、使い続けていると、ほかの化粧道具にも菌が広がってしまい、大量の雑菌が繁殖してしまうといわれています。
そんな状態のメイク道具を使えば、肌に大量の菌を塗りつけることになりますよね。肌トラブルが絶えず、状態は悪くなる一方です。スポンジやブラシなどのメイク道具は、少なくても週1度洗うのがオススメです。また体を洗うさいに使うボディタオルやスポンジも汚れたものを使っていると肌荒れの原因に。定期的にとり替えるようにしましょう!

4: 肌に触れる回数が多い、スマホや携帯も清潔に!

手が体のなかで最も細菌が多い場所だとお話しましたが、指で触るスマホなどタッチパネルで操作するツールにも菌がたくさん付着しています。
指でタッチしないガラケーでも画面には皮脂、ファンデ汚れなどがびっしり……なんだそうですが、スマホ画面の場合はなんとトイレよりも多くの細菌が住んでいるという話も……! スマホや携帯は手で触れるうえに、顔の皮脂も付着するので、意外と汚れているのです。それを使い続けることで、顔に菌がつきやすくなり、ニキビや肌荒れの原因を増やすことになります。
これほどの汚れ、ティッシュなどで軽く拭くだけでは不十分。使用する都度、アルコールの入ったウェットティッシュなどを使って拭きとると清潔さが保てます。
毎回は難しくても、「気がついたときに拭きとる」という習慣をつけるだけでも美肌ケアにつながります。肌に触れる機会が多いツールだからこそ、清潔さを保って、肌に悪い影響を与えないようにしたいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net