30代女性なら知っておきたい“がんばらない”メイク・裏ワザ7選!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.04.19.Tue

30代になると今までのメイクが似合わなくなったり、自分に合うメイクがわからなくなったり、いわゆる迷走時期に入る人が多くいらっしゃいます。頑張りすぎてイタいのはNG!
今回お伝えする「“がんばらない”メイク・裏ワザ7選」はそんな30代女性なら知っておきたい、さらにキレイになれる方法。アンチエイジングを目指しながらアラサーメイクを極めましょう!

【裏ワザ1】アラサーの乾燥肌には絶対リキッド!

乾燥が目立つアラサーはリキッドファンデーションがマスト! リキッドをスポンジで細かくたたき込んで塗ることで、潤ったツヤ肌になれます。時間がたってもヨレも乾燥もなし! パウダーファンデーション派の方は、きちんと保湿をしてからブラシでサッと重ねる程度に留めて。

【裏ワザ2】顔が太った、むくんだらふと眉!

代謝が落ちてくるアラサーは体重が増えると顔に出たり、朝に顔がむくむことが多くなります。そんなときはいつもより少し太めに眉を描くだけで目元がハッキリするので体重が増えて大きくなった顔やむくんだ顔をカモフラージュしてくれます。視線が上にいくのもメリットです。

【裏ワザ3】まぶたのくすみはラメ入りアイシャドー!

くすみが目立ってくる30代のまぶたにはラメが大有効! 細かいラメやパール入りのアイシャドーをのせることで透け感がプラスされ、どんよりくすみがなかったことに!

【裏ワザ4】目元をブラウン系で落ち着かせるのはNG

年齢にそぐわないのでブラウン系のアイシャドーが無難だからとブラウンやコーラル系にしていませんか? 実は深いブラウンは目がくぼんで疲れた印象に見えることも。色はファッションやその日の気分に合わせて選ぶのが正解。色にとらわれがちですが大切なのは質感。今年は肌なじみの良いパステルカラーがトレンドなのでさっそくトライ!

【裏ワザ5】アラサーはミストを持ち歩くべし!

肌の水分バランスが整っているほどメイク崩れがしないため、こまめにミストで保湿。また、お直しのさいもミストを吹きかけ、水分を間接的に肌にのせてからメイク直しをすることで朝、メイクしたときに近い状態に戻せます。

【裏ワザ6】肌のくすみはコントロールカラーで消せる!

アラサーの肌悩みの上位でもある肌のくすみ。ファンデーションで隠そうとするほど厚化粧丸出し&化粧崩れ地獄に。それよりもピンク系のコントロールカラーを使えばくすみが自然ともとからないような肌質に。30代の美肌は薄付きだけどしっかり隠すが鉄則。コントロールカラーならそれが実現できます。

【裏ワザ7】くずれパーツはノンファンデ

私も実行しているこちら、化粧崩れしやすい方に超おすすめ。目元(とくに目の下)や小鼻のまわりは化粧崩れしやすく、厚塗りするほどシワに溝ができてより強調され、アラが隠せなくなります。このくずれパーツには、下地を軽くのせたらファンデーションは避け、代わりにコンシーラーを薄く重ねましょう。これだけで夕方の見た目が全然違ってきます。くずれパーツはノンファンデが鉄則!

いかがでしたか? 30代はほどよいさじ加減のメイクがマスト。頑張るメイクよりもこれらを知って頑張らず得をしてキレイになれるメイクにチェンジしてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/