“夏老け肌”を今から阻止!! 春からの●●ケアで、夏肌を守れ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.04.18.Mon

夏は肌だって夏バテします。夏に肌の調子が悪くなったと感じる女性が大半。それは暑さや紫外線、イベントの多さによるライフスタイルの乱れ、睡眠不足、食生活の乱れや冷えなどで肌の体力が落ち、ダメージをそのまま受けて老化につながっていきます。
今回はそんな夏老け肌を阻止するある行いをご紹介! 春である今から肌環境を整えておくことで、夏の肌老け予防に役立ちます。

“夏老け肌”って?

“夏老け肌”は簡単に言うと、夏バテしている肌。肌のカサつきやゴワつき、くすみがひどく、お手入れをしても効果を得られない状態。その原因は、紫外線はもちろん夏特有の暑さも関係しています。そして夏は汗や皮脂の分泌が活発になることから、普段朝の洗顔を水やお湯だけでしている人は汚れが落としきれていないケースも。その落としきれない汚れが酸化して肌の負担となって肌老化へつながります。
さらに暑いとべたつくのを恐れて、簡単なスキンケアですませてしまいがち。この状態が続くと古い角質が剥がれ落ちずに溜まっていくため、角層かたまりができてスキンケアの浸透を妨げてしまうのです。

“夏老け肌危険度をチェック!”

□ 日焼け止めは朝塗ったらつけなおすことはない
□ 肌の乾燥が気になるので朝は水だけ洗顔
□ スキンケアはオールインワンタイプ
□ スキンケアの浸透や効果をあまり感じられない
□ 毎日の睡眠が足りてないと思う
□ 冷たい飲み物やお酒をよく飲む
□ スナック菓子・チョコレート・アイスをよく食べる

正しいスキンケア・食事・睡眠は美肌を作る3大要素。今、これらのひとつでもあてはまったなら夏老け肌になる可能性大! さらに4つ以上当てはまっていたら夏にさらに肌老化とトラブルが深刻化する恐れが。

●●で“夏老け肌”を今から阻止!

【対策1】UVケア

まず第一にUVケア。どんなにSPFの高い日焼け止めを使っていても朝塗っただけでは意味がありません。普段使いはSPF25~30くらいで大丈夫なので、それをこまめに塗り直すことが重要であり今回の大きなポイント。
朝だけの“塗りっぱなし女子”が大半を占めているのではないでしょうか? 目安は3~4時間おきですが難しい方はお昼休憩に1度は塗り直すこと!

【対策2】保湿ケア

続いて保湿。スキンケアはケチらずたっぷり使って保湿しましょう。「スキンケアの浸透が悪い」「効果を感じられない」と思うのは年齢とともに代謝が落ちてきた証拠なので角質ケアをとり入れるのもひとつの手。スキンケア成分がスーッと肌の内部に浸透しやすい通りの良い肌を作ることが大切です。
これらの2つを夏まで毎日頑張って続けてみてください。きっと今年の夏はいつもとは違ったイキイキとした肌と巡り合えることでしょう。

まとめ

夏老け肌対策は、春からはじめるのがマスト! 肌が生まれ変わる周期は20代で28日、30代で40日と言われているため、今受けているダメージが1か月先の肌状態に影響するということ。皮膚老化の8割を占める紫外線は4月ごろから増えはじめるため今からUVケアと保湿を徹底することで夏老け肌を予防できるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/