最初に選ぶべきパーツは? 痛みは? サロン脱毛・体験談

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.04.17.Sun

薄着の季節がやってきました。全身脱毛をスタートするには最適な時期ですよね。「いざ始めよう!」となると、金額的にもきもち的にも「お試し感覚」で手軽にできるエステ脱毛か、ビギナーにはすこしハードルが高めに感じられる医療脱毛か、それぞれの状況にあわせて選びたいもの。
そんなときに参考になるのが体験談。今回は医療脱毛に通う前はサロン脱毛派だった筆者が、自身の体験をベースにご紹介します。

初サロン脱毛で腕・脚・ワキを選んだ理由

初めてのサロン脱毛では、特定の気になるパーツだけにするか、あるいは全身脱毛に踏み切るか――じつはけっこう悩みました。結果、お財布と相談して「両腕」「両脚」「ワキ」をチョイスすることに。
薄着の季節になると見せることが多いパーツですし、ノースリーブを着るさいは、とくにワキは気になるもの……。いずれも初めて脱毛をする方ならきれいにしておくのがおすすめなパーツです。

痛みも乾燥もないのがうれしい

筆者の通ったサロンでは、前日に自己処理を行い、当日は最初に脱毛箇所を除菌水で拭き取り、ピーリングで古い角質を取り除いたあと、ジェルを塗って肌への負担が少ない光脱毛機器を当てていました。

痛み、ナシ!

回を重ねるにつれて、照射レベルを上げることで脱毛効果を高めていきましたが、痛みを感じることはありませんでした。ゴーグルをかけているので、「あっ、今光った。照射をしているな」と感じる程度。

乾燥、ナシ!

施術後は保湿ジェルやパックなどで肌が乾燥することのないよう、じゅうぶんな潤いを与えます。ていねいに保湿してくれるため、ありがたいことに脱毛期間中は乾燥に悩んだこともありません。光脱毛とはいえ、肌になんらかの刺激を与えるのは大丈夫なの……? そんな不安を抱いた方もご心配なく。

コース完了から2~3年後、“太い毛”が気になり始めた

上記は全10回ほどのコースだった記憶があります。月に一度通ううちに、毛量は少なくなり、自己処理の頻度も減りました。コースを完了したころは、デート前などの必要なときだけカミソリでサッと処理する程度。
それでもコース完了から2~3年たつころ、産毛とはいえない黒くて太く頑丈な毛がポツポツと目立ち始めたのを感じていました。「もう脱毛の効果は消えてしまった……!?」とあわてたほど。なかでもとくに気になっていたのは、膝まわりやワキです。

「サロン脱毛~第二期~」のはじまり

そこで、また新規でサロンに通うことにしました。「サロン脱毛~第二期~」とでも名づけましょう。VIOも人気のコースだとすすめられたものの、当時は勇気が出ず膝下とワキだけお願いすることにしました。

脱毛機器も進化している

2つ目のサロンでも、脱毛スタイルは基本的に最初のサロンと同様です。脱毛するパーツを前の晩に自己処理しておいて、当日はひんやりしたジェルを塗ったうえから、光脱毛機器で照射していきます。ワキであれば15分程度で準備~施術が終了します。
最初にサロン脱毛したときより機器も進化しているのか、施術のスピードも早くなり効果も長く期待できるような印象がありました。料金も昔と比べてパーツによっては数回で数千円とよりお手ごろになっています。
とはいえ、サロン脱毛は永久脱毛ではありません。そのため数年後にまたゴツい毛が生えてきて、気になってウズウズした結果、医療脱毛を始めることになるのですが……。
なんといっても、サロン脱毛の良さはプチプラ感や手頃感。一方で、医療脱毛にはそれなりの良さがあります。皆さんが今のご自身にぴったりな脱毛を選べることを祈っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子