あなたはどのタイプ? スキンケアスタイルに表れる美の流儀とは??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.03.29.Tue

女性の美しさの基本であるスキンケア。意識の高い人も、そうでない人も皆それぞれのスタイルがあるはず。でも毎日当然のこととしてやっているので、あえてそんな自覚はないかもしれません。
今回はそんなスキンケアスタイルをタイプ別に分析、そしてあなたの美の流儀を探ってみます!

自然由来成分がやっぱり安心、“ナチュラル指向”タイプ

「人工的な合成化学物質が入ったものは安心できない、やっぱりオーガニックや自然由来成分重視のものが肌にいい」という信条を持っているタイプ。原材料まで厳しくチェックする習慣が身についています。
ただしひとつ気をつけたいのは、かならずしも“天然由来=肌にやさしい”とはいえないということ。肌タイプによっては成分が合わなくてトラブルのもととなったりすることがあります。とくに敏感肌の人は、エッセンシャルオイルが刺激とならないかよく注意してください。保存料などが含まれていないものは、きちんと一定期間で使い切ることも大切です。

高級ブランドにうっとり憧れ、”ラグジュアリー指向“タイプ

「シャネル・ディオール・ランコム――やっぱり世界的に確立されたブランドの高級感あふれる世界は憧れ」ということでラグジュアリーなスキンケアを志向するタイプ。たしかに膨大な商品開発費によって生み出されたものだけに、希少で効果の高い成分もたくさん含まれています。
でも特筆すべきは、“憧れのブランドを使用している”という満足感やプライド、こうした心理的効果がアンチエイジングにも好ましい影響を及ぼすということ。女性としての自信にもつながってきます。
ただし高級な使用感のために香りが強いと感じるものもなかにはあります。それなりのお金を出すのですから、本当に満足するものを選んでください。

最先端の科学を駆使した新しいもの好き、“機能重視”タイプ

美容科学の世界は日々進歩しており、スキンケアにも大きく貢献していることをよく知っているタイプ。「大事なのは、ブランドでも値段でもなく、機能。これにつきる」ということを信条として持っています。最近では遺伝子レベルで働きかけるものや、ステム・セル(幹細胞)をフィーチャーしたものまで、まさに百花繚乱。
ただし、どんなに最先端の技術を駆使していても、合う、合わないはかならず出てきます。自分の肌質に本当に合っているか、肌が求めている機能なのか、見直すことも忘れないでおきましょう。

お金はかけなくても、キレイは妥協したくない、“節約バジェット”タイプ

「スキンケアにそんなにお金はかけたくないし、プチプラでじゅうぶん」という現実重視のタイプ。たしかに高額だから効き目がある! と簡単にジャッジできないのがスキンケアです。海外のエキスパートも、“スキンケアで重要なのは値段ではなく、自分の肌ニーズに合った原料が含まれているか、ということにある”と指摘しています。毎日行うものですから、高いものをケチケチ使うより、値段を気にせずたくさん使えるほうがお肌も喜ぶことでしょう。
プチプラでも効果の高いものはたくさんあるし、効果を高めるために顔面マッサージをまめに行ったりすることで肌コンディションはどんどんよくなっていきます。お金ではなく、手間ヒマかけて美肌を手に入れるという強い信念を持っています。

いかがですか。それぞれのスタイルがありますが、大切なのは、自分が納得し、自分に必要なものはなにかをよくわかっているということ。そしてそのスタイルにこだわりと自信を持ち、美しさを追求していくことです。どんなタイプであれ、自分に一番合ったものを知っている人はハッピーだし、美人オーラを放っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。