食べると体ポカポカ! 美肌効果もゲットできちゃう「温め食材」4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2015.12.23.Wed

寒い冬、体が冷えてしまってツライ~という声を良く耳にします。手足が冷たくなったり、冷えてゾクゾクしたり……。体調面だけではなく、美容にも悪影響が! 冷えて血行が悪くなると、血の巡りにのせて肌に必要な栄養素がいきわたりにくい状態に。結果、肌荒れ・老化などにつながります。

冬はしっかり食べて体を温めよう!

体が冷えている、それなのにダイエットをしている方は要注意! エネルギーが不足すると体はますます冷えて、脂肪が燃焼しにくい・太りやすい体質になってしまうことも。過度なダイエットは避けて、バランスよく食事をとるように心がけたいですね。
また冷えが気になるときは、体を温める効果があるショウガ・唐辛子・香辛料などを活用して、血の巡りを促すことも大切です。

おいしく食べて冷え性改善、ポカポカ食材4つ

体を温める食べ物ときいて、まず思い浮かべるのは「ショウガ」ですよね! そのほか、内側から温める作用がある食材はたくさん! どれも身近なものなので、毎日の食事に活用してくださいね。

1. ニンジン

中国では内臓を温めて、血を補う作用があるといわれています。冷え性を治す食べ物として有名なのだとか! ニンジンに含まれる「鉄分」は、血を作り、血行を促す作用が。冷え改善はもちろん、新陳代謝をアップするためにも役立ちます。
鉄分はこのほか、レバー・鶏肉・アサリ・豚肉・納豆・卵などにも含まれています。

2. 長ネギ・タマネギ

毎日の食卓に欠かせないネギには、「硫化アリル」と呼ばれる発汗、代謝促進効果のある成分が含まれています。長ネギ、タマネギのほか、ニラやニンニクでもOKです!

3. ショウガ

ぽかぽか食材の代表、ショウガ! ショウガに含まれるショウガオールという成分が、体を内側から温めてくれます。生で食べると辛味成分のジンゲロールが優位になり、意外ですが、体を冷やしてしまうので食べ方には注意を。加熱すれば、成分がショウガオールに変化して血管を拡張して血行をよくする働きがあります。

4. かぼちゃ

冬はほくほくしたかぼちゃがおいしいですよね! 若返りビタミン「ビタミンE」が含まれていて、新陳代謝アップ、自律神経を整える効果が。ビタミンEはこのほか、ごま・モロヘイヤ・赤ピーマン・シソ・唐辛子・抹茶などにも含まれています。

冷え解消に役立つ食材、どれも身近なものなので食べやすいはず。外食でも上記の食材を選らんでみましょう! 食欲がアップする冬、せっかくなら温め効果&美肌効果が実感できるものを食べて理想のキレイを叶えたいですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net