秋冬の旬食材・さつまいも好きに美人が多い理由が判明!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.11.09.Mon

忙しく生活習慣も乱れがち、だけど美人を目指したいよくばり女性にピッタリなのが「さつまいも」。さつまいもは甘くておいしくホクホクあったまる、これからの季節にぴったりな美容食なのです。

さつまいも好きに美人が多い!?

昔から「いも好きは病気知らず」といわれるほど消化もよく、胃にも優しくヘルシーなのが特徴。なかでもさつまいもは、準完全栄養食にも指定されている栄養豊富なスーパーフード。デトックス効果や美肌効果、さらに燃焼力アップやむくみ予防、アンチエイジングに◎など、美人になれる効果がたくさん! 最近ではミランダ・カーをはじめ、ハリウッドセレブの健康マニアも注目しているほど。
うれしいことに、スーパーなどの身近で手に入り手軽にとれるので日頃の美容食として続けやすいのも特徴です。

さつまいものスゴい力に迫る!

甘いのに低GI食品

「さつまいも=甘い」ので、太るとかんちがいしている女性が多いのが残念! さつまいもは腹持ちがいいのに実は血糖値が上昇しにくい低GI食品。ダイエットする上で安心な、GI値55以下の食品です。主食に混ぜることで主食のGI値も低下するのでダイエットメニューにはさつまいもを追加して!

最強美肌のビタミンC

意外かもしれませんが、さつまいもには100gあたり30mgものビタミンCが含まれています。たとえるとりんご7個分に相当! さらにさつまいもに含まれるビタミンCは、デンプンが糊化することで加熱しても成分が壊れにくいのもうれしいポイント。

アンチエイジングの王・ビタミンE

さつまいもの皮に含まれるアントシアニンは、活性酸素の働きを強力に阻害。さらに紫芋のアントシアニンには肝機能障害軽減作用もあります。ビタミンE効果で更年期にもいいなど、美と健康に役立つ効果が詰まっています。

むくみスッキリ・カリウム

さつまいもには米の18倍ものカリウムが含まれ、ボディのむくみをケアしてくれます。血圧低下作用もあります。カリウムは調理で失われやすいため、ゆでた場合はゆで汁も一緒にとるのがおすすめです。

ヤラピン+食物繊維で便通◎

ヤラピンは、食品のなかでさつまいもにしか含まれていない栄養成分。毒素を排出し、胃を保護し、腸の蠕動運動を促進します。ヤラピンは皮付近に含まれているため、皮まで残さず食べるのがおすすめ。不溶性・水溶性両方の食物繊維が含まれており、腸内環境を整えてくれるのでお腹すっきり。さらに美肌!

まとめ

さつまいも好きに美人が多い理由……おわかりいただけましたか? 甘いのでおやつ代わりにはもちろん、蒸したり煮たり炒めたり……。いろんな調理法をおいしく楽しみつつ、美肌もダイエットもアンチエイジングもパーフェクトを目指しましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/