美味しいだけじゃない! 今が旬の「キウイ」を食べるとこんなにいいことが♪ 3つの美肌効果(レシピつき)

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2015.05.30.Sat

春から夏にかけて美味しさが増す「キウイ」。甘酸っぱくて美味しく、カットするだけで食べられる手軽なスイーツですが、ただ美味しいだけではありません! キウイには、驚くようなビタミン力が含まれています。冷え・コリ改善、お肌トラブル、アンチエイジング……とうれしい効果がいっぱい。
今回は今が旬のキウイが持つ美容効果をご紹介した胃と思います。

キウイの3大美容成分をチェック!

1.ビタミンC

元祖美肌成分「ビタミンC」は、老化のもと酸化を防ぐ高い抗酸化作用が。またメラニン生成を抑える効果もあり、美白作用も。そんなビタミンC、キウイにはたっぷり含まれています。キウイ1個で1日に必要なビタミンCが補給できるといわれています。たんぱく質と一緒に食べると、結合してお肌のハリ・ツヤを整えるコラーゲンを生成してくれます。アンチエイジング、美白効果が高いので、この季節は毎日1個食べたいほど!

2.食物繊維

美肌の大敵便秘を解消する効果がある食物繊維。大腸の働きを活発にして、腸内をお掃除してくれます。また善玉菌を増やしてくれるので、ぽっこりお腹を改善する効果も期待できます。食物繊維は不足すると老廃物が溜まってニキビや肌荒れを引き起こすので、積極的に食べておきたいですね。

3.クエン酸

夏バテや疲労を回復する効果が高いクエン酸。毎日の仕事や運動で体にたまった疲労物質を分解して、疲れを解消する働きがあります。また老廃物を排出する効果もあるので、デトックス効果、ダイエットにも! 梅干などの酸っぱい食品にも含まれていますが、キウイを食べればお疲れ顔だって即解消できるはずです。

キウイの選び方・保存のコツは?

キウイは熟せば熟すほどおいしくなります。縦に持ったときに、やや弾力を感じるやわらかさがおいしさの証拠です。まだ未熟の場合は室温で保存します。食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れて甘みをほどよく引き出すと美味しくいただけます!

ヨーグルトとキウイで美肌シャーベット

ヨーグルトとしょうがも加えて、美肌効果をアップ。暑い日に是非!

材料:6人分

キウイ……4個
セロリ……30g
プレーンヨーグルト……2分の1カップ

(A)
しょうがの千切り……10g
白ワイン……30g
水……2分の1カップ

作り方

1.キウイは皮をむいて縦4等分に切り、セロリはすじをとって、7mm角に切ります。鍋にキウイ、セロリを入れて落し蓋をして、煮立って10分ほどで火を止めます。

2.(1)の粗熱が取れたらキウイを取り出してパットに並べて、冷蔵庫で凍らせます。

3.(2)で凍らせたものとヨーグルトをフードプロセッサーにかけて、形がなくなってきたら凍らせたキウイを加えて軽くつぶします。

4.器に持ってできあがりです!

そのまま食べても美味しいキウイ、ヨーグルトと一緒に食べるとたんぱく質と結合して美肌成分コラーゲンを生成する効果が! 牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけるのも美味しそうですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm