オーガニックコスメに欠かせない、トップ原材料5つをしっかりチェックしよう!

2015.03.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

体にやさしい成分をもとめ、コスメのジャンルではオーガニックが人気です。でもラベルやパッケージがいかにもオシャレで自然派のようでも、中身はオーガニックとは程遠いものがあるのも事実です。そこでオーガニックコスメに欠かせないトップ原材料たちについて、ご紹介しましょう。これが全てというわけではありませんが、知っておきたい重要な原材料たちです。

シアバター

アフリカ原産のシアバターは高い保湿力があることで有名。肌に優しいオーガニックコスメを作り出す優れた原材料のひとつとして真っ先に名前が上がるほどです。肌にとって最も怖いのが乾燥、だからこそ保湿を重視したい人は、シアバターを主な原材料として使用しているアイテムを選ぶようにしましょう。

ビーワックス(蜜ろう)

ミツバチの巣を精製したものがビーワックス(蜜ろう)です。といってもなかなかピンと来ないかもしれません。しかし西洋では古くから利用されてきた素材で、キャンドルの原材料としても有名です。自然素材なので人体にもやさしいベースとなるため、ファンデーション、リップクリーム、保湿クリームなどさまざまな製品にも活用されています。ビーワックスはオーガニックコスメのなかでも、肌を外部の刺激や汚れから保護する役割に優れていると言われています。

アロエベラジェル

一般家庭でも鉢植えなどで育てやすいアロエベラ。その肉厚な葉っぱのなかにある透明なジェル状のものです。虫刺されでかゆいときなど、応急処置的にアロエベラジェルを患部に塗った覚えのある人も多いのではないでしょうか。アロエベラジェルには、肌の炎症を抑える鎮静効果に優れ、同時にオイリー肌にも適した保湿効果があるため、リップクリームやボディジェルなど多くの製品に使用されています。さっぱりとした使用感をお好みの人向けと言えるでしょう。

ココアバター

食用としても活用されているココアバターですが、オーガニックコスメ原材料として優れているのは、肌を柔らかくソフトにする効果、そして保湿力も高いということです。また老化を促進する活性酸素を攻撃することで、アンチエイジング作用もあることが認められています。ココアバターは妊娠線予防にも効果的で、プレママたちの強い味方でもあります。

ホホバオイル

最後にホホバオイル、自然由来の美容オイルにもさまざまなものがあり人気ですが、オーガニックコスメの原材料として真っ先に挙げるならホホバオイルです。人間の皮脂の成分に近いため、赤ちゃんや敏感肌の人でも安心して使えます。そしてなによりも特筆すべきはやはりその保湿力、オイルは肌との親和性も高いので潤いの浸透もより深く実感できます。また保湿だけでなく、肌に優しいクレンジングやマッサージなど万能的に使えるのが人気のひみつです。

いかがですか? オーガニックコスメに欠かせないこれらの原料、ちゃんとした機関からオーガニック認定を受けたものなら、信頼度も高まります。“オーガニック”、“自然派”というラベルに惑わされず、それがどこから来たものなのか、どんなふうに栽培されているのか、中身をきちんと吟味する習慣をつけてみてくださいね。

参考記事(海外サイト):Top 5 Ingredients Of Organic Makeup And Cosmetic Products

2015.03.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介