頑固な手荒れを解消! ハンドクリームを使ったマッサージで、冬の「美ハンド」をゲット!

2015.02.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

ふと手先をみると「やだ、ガサガサ!」と恥ずかしくなってしまう場面が増えてきました。手荒れケアの基本はハンドクリーム。しっかり塗っているのに、なぜかすぐにカサついてしまう……。そんなときは、マッサージもプラスして保湿効果をアップ! 今回は、ただ塗るだけじゃない。クリームで魅力的な美しい手をつくる方法をご紹介します。

注意しておきたい、ハンドケアの基本!

ハンドクリームの選び方でも、手荒れの治り方は違ってきます。手をよく使う仕事の方は、べたつかずにしっとり感が長続きするものを選びましょう。また水仕事のときには、ゴム手袋を使って、洗剤を直接手で触らない! というほどの決心ができれば一番です。
風邪やインフルエンザ対策で手洗いは必須ですが、洗ったあとは必ずクリームを使うこと。デパートなどにある温風乾燥機は水分が蒸発するときに、一緒に手の潤いも奪われてしまうので、できればハンカチを使うと◎。

ハンドマッサージで潤い長持ち! 触りたくなる美ハンドに

1.手全体にハンドクリームを馴染ませたあと、指1本ずつになじませるように、指先をつまみ、さすります。クリームをすり込むようなイメージで。指先は強めに圧をかけると、血行促進効果もアップ。冷え対策にも役立ちます。

2.指と指の間のつけね部分をもみほぐしていきます。親指から小指のつけねを1本ずつマッサージ。

3.手全体を親指をつかってのみほぐせば完成です。

爪のトラブル予防にも手荒れケアが必須!

繰り返しネイルをしたり、乾燥状態がひどいときには爪に線がはいってしまうことがあります。縦の線は、なんと老化が原因なのだとか。爪のシワとよばれています。横線は乾燥による手荒れが原因。爪のつけね部分の皮膚がガサガサと荒れている場合は、しっかりとケアを心がけましょう! また2枚爪も乾燥が原因。年齢とともに手荒れしやすい状態になるので、洗剤を使う際には手袋必須です。またパソコンを使用する際には、爪を使ってたたかないように注意を。

就寝前の手袋、安眠を妨げるので注意して

この季節、乾燥を防ぐためにクリームを塗ったあとに手袋や靴下をつけて就寝するという方も多いですよね。寝ている間に手や足から体温を加熱しているので、手袋をしたまま眠ると熟睡できない……という結果に。快眠を妨げて、何度も目が覚めたり、眠りが浅くなるので美容ケアにも悪影響を与えてしまいます。寝る前にはたっぷりハンドクリームをつけて、マッサージするだけで十分だといわれています。5分間のマッサージで、潤いのある美ハンドをつくりましょう!

2015.02.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を 執筆しているライターの松はるなです。 雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、 現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に! そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪ twitter: http://twitter.com/unicohm

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介