これだけは避けて! お肌トラブルを生み出す原因TOP5~前編~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2015.01.07.Wed

お肌に悪いこと=紫外線、乾燥、睡眠不足、ストレスなど内側からの原因。あまりにたくさんの原因があるため、「結局、何に注意すべきなの?」と困ってしまうこともあるはず。全て避けるのは難しいけれど、5つだけなら注意できるはず! 今回はお肌トラブルを引き起こす原因5つをご紹介します。

お肌の大敵をチェック。トラブル要因TOP5!

5位:血行不良

血の巡りが悪くなって栄養がお肌に届かないとピンチ! お肌をつくる細胞ひとつひとつにしっかりと栄養が行き渡って、はじめて健康的なお肌が育まれます。冷え性、運動不足によって血液の流れが滞ると、栄養がすみずみまで運ばれずに、お肌トラブルを引き起こします。
また血行が悪いと、お肌の再生サイクル・ターンオーバーが正常に行われずに、古い角質が溜まってニキビやシミ、くすみなどの原因に。

・血行不良への対策は?
この季節は、気温が低くなりただでさえ血行が悪化。それにくわえて、運動不足、冷えなどがプラスされるとどんどん巡りの悪い体質に……。冷えないファッション、温かい食べ物・飲み物、入浴習慣、適度な運動を大切にしましょう。

4位:睡眠不足

お肌の調子が悪い理由は、睡眠不足による成長ホルモンの低下。寝ている間に、細胞がその日に受けたダメージを修復するというのが、睡眠中に起こるお肌のメカニズムです。忙しい日が続いて、睡眠不足になってしまうと、補修機能が十分に行われずに、細胞にダメージが残ってしまうことも。またイキイキとした美肌をつくる「成長ホルモン」は、不規則な睡眠を続けていると十分に分泌されません。

・睡眠不足への対策は?
毎日6時間~7時間ほど、難しい場合はできるだけそれに近い時間、規則正しい睡眠をとることが大切です♪ さらに寝る前の環境も肝心! 寝る直前までパソコンやスマホを使用すると、脳が刺激されて快眠できず、しっかり寝たはずなのにお肌修復が不十分になることもあるので注意しましょう。

3位:ストレス

イライラ、不安、落ち込み……。ストレスが溜まると、体に必要な酸素を、有害な活性酸素に変えてさまざまなお肌トラブルにつながります。またストレスは、女性ホルモンの分泌などにも悪影響を与えるため、お肌内部の水分と油分のバランスが乱れてニキビができやすい状況をつくりだします。

・ストレスの対策は?
まったくストレスを感じないというのは無理な話ですよね。ほどよいストレスや緊張感は脳を活性化してくれるので問題ありませんが、毎日仕事や家事、人間関係などに悩まされている場合は注意! 深呼吸をしたり、ストレッチをしたり、好きなことに没頭したり。
普段からストレスを溜めないように意識して。

次回は、気になるベスト2をご紹介します!

後編へ続く

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm