乾燥のきびしい冬にも負けない! キレイをキープするためのヒント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.11.04.Tue

さあ、これから寒くて乾燥も厳しい冬が近づいてきます。美容にとっても普段以上に念入りなケアが必要となってくるこの時期、キレイをキープするためのヒントをもう一度おさらいして、冬に備えましょう。

入浴前の全身オイルマッサージで、乾燥知らずのしっとり肌に

冬はとにかく全身の乾燥が気になる季節。そこですみずみまでしっかりうるおい肌を保つためにおすすめなのが、入浴前の全身オイルマッサージです。オイルは香りでも癒される、アロマオイルが人気。キャリアオイルにお気に入りの精油を1%以下の量で混ぜ、マッサージオイルを作ります。マッサージをする時間がないときは、オイルをお風呂に入れるだけも保湿効果が望めます。体のすみずみまでうるおいをチャージ、お好みの香りに包まれてリラックスにも最適なひとときです。

乾燥に弱いエリアは、しっかりスペシャルケア

体の中でもとくに乾燥に弱いエリアにはしっかりとスペシャルケアで対応。カサカサに荒れやすい唇は、ハチミツパックなどで潤いを閉じ込めるようにしましょう。もちろんリップクリームも重要ですが、使いすぎるとかえって乾燥しやすくなることもあるので、頻度に気をつけて。乾燥が気になったときは、さっとオリーブオイルを塗ったりするのも有効です。またひじ、ひざ、かかとも気を抜きがちですが、乾燥に弱いエリアです。保湿クリームなどでしっかりケアしてあげて。

冬こそ十分な水分補給で、体内にもうるおいをたっぷり

冬は気温も低いので喉が乾かないせいか、体の水分補給も滞りやすいのだとか……。体内が水分不足になれば、それはもちろん肌にも影響がでてきます。ですから冬でもこまめに水分補給を心がけて、最低限でもコップ8杯から10杯ほど水を飲むことが推奨されています。

髪を熱でいじめないよう、とくに気をつける

熱いお湯、ドライヤーの熱風、乾燥の厳しいこの季節、髪もダメージを受けやすくなっています。ですから髪をケアするときは、“温度”に気をつけて、シャンプーのときの熱すぎるお湯や長時間のドライヤーは確実に髪をいため、乾燥を招いてしまうので避けましょう。髪をすすぐときはぬるめのお湯くらいにし、ドライヤーも十分にタオルドライで水気をきってから、なるべく短時間で済ませるように。どんなに高級なトリートメント剤を使っても、自ら熱で髪をいじめていては効果も半減です。

野菜スープで栄養もしっかりとって、インナービューティーを保つ

寒くて風邪をひきやすい時期ですから、健康管理ももちろん大切。特に冬は暖かい食べ物が恋しくなるので、野菜をふんだんに使ったスープで多種類のビタミンを効率よく摂取。トマト、ニンジン、カボチャ、玉ねぎ、キャベツなどは美肌効果も高い野菜たちです。週末に冷蔵庫の大掃除をするつもりで、残り物の野菜を使って作り置きしておけばとても便利。年中キレイな人はやっぱり食生活に気を抜かない、それが真理です。

効率的に運動を続けて美しい身体を手に入れて下さいね。

参考記事(海外サイト):13 Tips to Stay Beautiful this Winter

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。