エイジングサインをストップ! 血管の老化を進行、お肌を老けさせるNG習慣4つ

2014.11.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

色々とエイジングケアをしているのに、効果がみられない……。もしかしたら「血管が老けている」せいかも! 血管は全身の細胞、皮膚に必要な栄養素と酸素を運ぶパイプのような役割をしています。年齢とともに血管が老化、血の巡りが悪くなり、お肌に必要な成分が行き届かないというトラブルを引き起こすことも。今回は、血管の老化を進行させるNGな習慣をご紹介します。

1.運動不足にも注意!

最近、運動不足になっていませんか? 運動は全身の血行を促進し、新陳代謝を高めて血管の老化を防ぐ効果があります。無理な運動が苦手な方は、お散歩がてら軽いウォーキングを習慣にしてみましょう! 穏やかで運動に適した気候が続く今日この頃。本格的な寒さがやってくる前に、しっかりと体を動かしておきたいですね。お天気が悪い日は、その場で足踏みしたり、スクワットをするなどもオススメですよ。

2.睡眠不足は血管にダメージを与える!

秋の夜長、ついつい夜更かしをしたくなりますが、睡眠不足も血管の老化を促進させる原因のひとつ。睡眠不足が続くと、血糖値が上がり血管がダメージを受けてしまうといわれています。1日6時間。難しくてもできるだけ、十分な睡眠時間がとれるように意識してみましょう!

3.体の冷えにも注意!

これから気温が下がるにつれて、気になるのが体の冷えですよね。冷えて血行不良になると、地のめぐりが悪くなり、血液と一緒に酸素と栄養素が運ばれにくい状態に。その結果、お肌に必要な栄養が行き渡らずに老化が進行してしまいます。
温かいものを食べる、冷たい飲み物を飲まない。シナモンや生姜など体を温める食材をとる。露出しないファッション、体を動かす、入浴するなど、日頃から体を冷やさないように心がけましょう♪

4.味の濃いこってり料理に注意!

寒くなるとこってりした味の濃い料理、脂っこいものが恋しい。最近、お肉、揚げ物、甘いものなど「味が濃い、こってり料理」を多くとっていませんか? 動物性脂肪に含まれている飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やして、血管の老化を促進させてしまいます。たんぱく質摂取のために、お肉は必要ですが、蒸す、ゆでる、煮るなどヘルシーな調理法が◎。バターやチーズなどコレステロールが高い食品をとりすぎないように気をつけて。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 血管が老化すると、お肌の調子がダウンしてしまう……。どの習慣もお肌に良い効果をもたらしてくれるので、積極的にチャレンジして、血管からインナービューティーケアにアプローチしてみましょう。

2014.11.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を 執筆しているライターの松はるなです。 雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、 現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に! そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪ twitter: http://twitter.com/unicohm

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介