ニキビはタイプ別にケアが鉄則! あなたのニキビはどのタイプ? 最適なケアはコレ。

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2014.11.26.Wed

できてしまうと憂鬱な気分になるニキビや吹き出物。ひと言にニキビといっても、種類があることを知っていますか? ニキビは症状によって、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの4種類に分けられています。それぞれの症状に合わせた最適なケアをご紹介します。

白ニキビ&黒ニキビ

毛穴がふさがって皮脂が溜まったニキビの初期段階。肌表面がプツプツとしろくなるのが白ニキビ。毛穴に溜まった皮脂が酸化すると黒ニキビに。どちらも痛みはありません。

白ニキビの正しいケア

「丁寧な洗顔でお肌を清潔に保つ」。
白ニキビができてしまったら、ニキビ菌を増やさないようにお肌を清潔に保つことが一番です。乾燥が気になる場合は、ニキビができている部分にだけ泡をのせて、やさしく洗い流すのがオススメです。

黒ニキビの正しいケア

「酸化を防ぐビタミンC入りのケアを」。
黒ニキビは基本的に、白ニキビと同じお手入れ方法でOKですが、皮脂が酸化しておきているので、抗酸化作用が高いビタミンC入りの化粧品をプラスするのも効果的です。ビタミンCには皮脂分泌を抑制して毛穴を引き締める働きも。ニキビ痕のケアにも最適です。食べ物から補給するのも効果的。

赤ニキビ

毛穴の中で繁殖したニキビ菌が炎症を起こして、毛穴のまわりが赤くはれ上がった状態が赤ニキビです。触らずに、悪化を防ぐことが大切。

赤ニキビの正しいケア

「赤ニキビができている間は刺激を最小限に押さえる」。
赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、お肌への刺激を極力おさえて、悪化させないように注意します。またニキビ菌は空気に弱いので、赤ニキビができている間は、UVケアだけに留めて、なるべくファンデーションを塗らずに空気に当たる状態を保つと◎。クレンジングを省くことができるので、刺激も抑えられます。

黄ニキビ

黄ニキビは、炎症と戦った白血球の残骸です。黄色く変色してうみのようになります。炎症が進むとクレーターやニキビ痕として残ってしまうので、そうならないように日々のケアでお肌を清潔に保って。

黄ニキビの正しいケア

「ニキビ痕に残らないよう丁寧なケアを」。
黄ニキビができている間は、赤ニキビと同じく刺激を抑えた最小限のケアが肝心です。
うみが出たらニキビ痕を残さないようにケアを始めましょう。色素沈着によるニキビ痕には潤いを与えて、紫外線ケア、美白ケアも忘れずに。
浅く凹んでしまった場合にはスキンケアだけではなかなかキレイに治りにくいものです。皮膚科などを受診して力を借りるのが得策です。

その他、注意したいこと

・しっかりと睡眠をとる
・ニキビ部分に触らない
・髪が顔に当たらないようにする
・ストレスと上手に付き合う

ニキビができている部分は、デリケートで雑菌が入りやすいのでなるべく触らずに、摩擦が起こらないように注意しましょう。また睡眠不足やストレスは皮脂の分泌量を増やします。ニキビをこれ以上増やさないように、生活を見直すことも大切です!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm