30代で育毛ブーム!? 髪の曲がり角からはじめたいヘアーのエイジングケア!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2014.11.20.Thu

男性の育毛ケアがブームを引き起こし、最近では20代後半からヘアケアに取り組んでいる方が増えています。しかし髪の老化は男性だけではありません。最近、女性でも30代前半から髪の老化を実感している方はたくさんいるのです。本日は30代で感じることの多い、髪の曲がり角の回避方法をお伝えしていきます。

髪の曲がり角を毎日のケアで回避しよう!

髪のくせ・うねり

昔は直毛が自慢だった髪の毛、30代になったとたんうねりだし、くせ毛っぽく……という女性は多いもの。髪質は一生同じではありません。30代を過ぎるとエイジングの影響で毛穴が歪んでうねりが生じたり、キューティクルが脆くなってパサつきがちになります。毎日のシャンプーでは表面だけをキレイに! ではなく、トリートメントでキューティクルケアを行なったり頭皮マッサージを加えて頭皮を柔らかくし、みずみずしさを出すことができれば美髪が復活してきます。これからの季節、アフタートリートメントには水分を閉じ込めてくれるオイルタイプがおすすめです。

ちらほら見える白髪

目立つほどでもないけれど、髪をかきあげたり、結んだりする際にちらっと見える白髪。発見する時は出かける前など慌ただしい時が多いもの。しかも2~3本発見する程度で白髪染めするのも面倒ですよね。そんな時は洗い流し不要のマスカラのようなコームタイプの白髪染めをポーチに1本常備しておくと便利。気になる生え際や発見した白髪をその場で隠すことができます。また、毎日のシャンプーで白髪が染まるアイテムを使用するのもおすすめです。白髪は抜きたくなりますが、頭皮を傷めつけてしまうためNG。

髪のボリュームが減った

30代の髪のボリュームの悩みは、髪が減るだけでなく髪1本1本が細くなったりコシがなくなるなどの複合的。特に頭皮の痩せは大敵! 頭皮を触ってみて、凝って固すぎたりむくんでやわらかすぎたりしていませんか? 健康的なのはひざを90度に曲げたときのひざの皿の部分と同じ柔らかさが健康な頭皮の目安。実際に確かめてみて固すぎたり柔らかすぎたりしたら、頭皮用の美容液とツボ押しやブラッシングでうるおい補給・血流アップすることが大切!

髪のパサつき

肌と一緒で年齢と共に水分が失われ、乾きやすくなるのが髪の毛。よって乾燥しパサつきやすくなりごわついたりまとまりにくくなったりとトラブルを引き起こします。しかし髪の油分は自分で作り出すことは不可能……。毎日のシャンプー後のドライ前にアフタートリートメントを使用したり、日中は髪にもできるスプレータイプなどの日焼け止めでUVケアを取り入れたりと髪を乾燥や外部ダメージから守ることが大切です。ちなみにシャンプー後、自然乾燥させている方はどんどん髪の内部の水分が蒸発し失われていくので必ずしっかりとドライヤーで乾かすことも重要。

いかがでしたか? 肌と同様、思うようにいかなくなるのが髪の曲がり角。
また妊娠・出産が多い30代。これをきっかけに髪のエイジングが始まるかたも少なくありません。30代に突入したら肌だけでなく髪のエイジングケアも視野に入れてケアしていくことが将来の自分にとって大切なことです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/