カサカサボディにさようなら! 秋冬におすすめのボディオイルとは?

2014.11.06

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

乾燥が気になる秋冬。ボディの乾燥に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は入浴後にササッとボディを潤すことができるボディオイルのご紹介をしたいと思います。

ボディの乾燥を改善する効果が期待できるオイル

1.マカダミアナッツオイル

酸化しにくく、長期保存できる点も魅力のマカダミアナッツオイル。乾燥により痒みが伴う場合やしわが気になる場合におすすめのオイルです。ビタミンA・E・Bが含まれているため、皮膚の若返りに効果があると言われているので、30代以降の女性には特におすすめのオイルです。筆者自身冬に愛用していますが、保湿効果も抜群で肌がしっとりとなめらかに整います。

2.ホホバオイル

どんな肌質の人でも使用することができ、スキンケアはもちろん、ボディやヘアケアにも使用しやすい万能オイル。安定性と耐温性が高いため、他のオイルと比較して品質を長く保てると言われています。オイルの中ではサラッとしたテクスチャーのためオイルが苦手な人も比較的使用しやすいでしょう。炎症を抑え、しわやシミ、乾燥から肌を守る効果が期待できます。

3.ヘーゼルナッツオイル

浸透がよく、痛んだ肌を回復させる効果があると言われているヘーゼルナッツオイル。体液循環を促し、筋肉に作用するとも言われており、この時期特におすすめのオイルです。独特の香りがするので他のオイルとブレンドするのがおすすめ。マカダミアナッツオイルを混ぜて使用すると、むくみや肩こり、筋肉痛にも効果が期待できると言われています。

4.ローズヒップオイル

美白効果、抗炎症作用、癒傷作用があると言われるローズヒップオイルは、老化を防ぐ効果が期待できアンチエイジングオイルとしても注目されています。肌が荒れている時や乾燥が特に気になる場合は、アプリコットカーネルオイルやホホバオイル、アボカドオイルとブレンドして使用するのも効果的です。

5.キャロットオイル

荒れた肌や粘膜の修復に効果があると言われるキャロットオイル。荒れやすい手やかかとの集中ケアには特におすすめです。また、唇の荒れが気になる時はキャロットオイルを唇に塗りこみラップをして5分放置すると改善が期待できるでしょう。入浴中に行えば湯気のスチーム効果でより効果がアップ! おすすめです。

6.スイートアーモンドオイル

肌あたりが柔らかく、有効成分が穏やかに作用するため赤ちゃんや敏感肌の人も比較的安心して使用できるオイルです。手足のひび割れが気になる場合はオリーブオイルやキャロットオイルを混ぜて使用すると改善が期待できるでしょう。また、湿疹や肌荒れが気になる場合はカレンデュラオイルを混ぜて使用するのがおすすめです。

ご紹介のオイルの使い方・注意点

ご紹介したオイルに精油を混ぜて使用するのもおすすめです。ただし、ビンを移しかえる場合は必ず遮光瓶を使用し、品質の劣化を防ぐため日光のあたる場所や高温多湿の場所での保管を避けることが大切です。また、できるだけ早く使い切ることも大切です。
おすすめの使用方法は、入浴後の濡れた肌に塗る方法。さらに、心臓から遠い場所から心臓に近い部分に向けマッサージするようになじませると効果的です。

精油を混ぜて使用すると癒しやリフレッシュ効果などこの他にさまざまな効能が期待できます。さまざまな組み合わせを試し、お気に入りのオイルで毎日ボディケアされてはいかがでしょうか。

2014.11.06

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介