年齢がばれちゃう! 手と指はしっとりふっくらすべすべに

2014.10.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

何気ないしぐさ、そのほとんどは手を使ったりしませんか? 好きな人の前で、髪の毛をいじったり、コーヒーカップを手に取ったり、もしそれがガサガサの手先、シワしわの手の甲だったら、とても恥ずかしい思いをしてしまいます。年齢にそぐわない手のガサガサ具合は、ちょっと苦労した歳を取った女性に見られてしまいますよ。

本当に大事なのは手の甲や指

キレイにネイルしても、指や手の甲がガサガサではとっても残念です。年齢を重ねると、より手の甲や指は乾燥し、くすみがちに。シワも増えてしっかりとお手入れしていない手は、おばあさんのよう。自分の手をしっかり見てみてくださいね。指の関節もシワがよりやすく、くすんで見えてしまうので、日ごろのケアがとても大切です。ちょっとしたケアをするだけで、潤いのある若々しい状態に変えられるのでぜひ実践してみてください。

決め手は夜寝るとき

夜、寝ている時間は一番新陳代謝が良い時間帯です。皮膚を修復し形成していく時間でもあるので、この時間を有効に利用していきましょう。寝る前にはハンドクリームなど、特にスクワランやワセリンのような、肌の潤いを保持する保湿クリームを塗りましょう。塗った後は、できれば絹で作られた柔らかく締め付けない手袋を。最近では、寝る時用の絹のソックスなどもありますが、手用の絹の手袋もあるのでぜひ試してみてください。絹の素材は余計な汗を放出し、肌の潤いは保持してくれます。さらに潤いを与えてくれる素材なので、夜の手袋として最適です。間違ってもナイロン製などの手袋をつけないように気を付けてくださいね。場合によっては手が荒れたり、逆効果になることも。

日常的に気を付けること

石鹸で手を洗ったり、食器洗いなど家事全般で水仕事をした後の手は、とても乾燥しやすい状態です。お手洗いに行った後に手を洗った後でも、しっかりと保湿をすることが重要になります。手の角質を常に洗い流している状態では、皮膚から水分が出ていきすぎて、乾燥しやすい状態なので、しっかりとクリームを塗ってあげましょう。クリームを塗るときは、あまりごしごしこすりすぎると角質を痛めてしまうので、優しくなでるようにしてくださいね。

手のマッサージを行うだけで血色が良くなる

手にはたくさんの血管が通っています。リンパの通りでもある手の甲や関節をマッサージしてあげると、とても血色が良くなり、白さがでてきて明るくなります。さらに、ふっくらとツヤもでてきちゃいますよ。
マッサージの仕方は、片方の手で片方の手をマッサージしていく方法です。指の腹で、手の甲を優しくなでるだけ。手に触っているか触っていないかくらいの優しさでなでるだけで、肌の血色が見違えるほど良くなります。同じように指も一本一本優しくなでていくと、関節などのシワもみるみると伸びていき、キレイになりますよ。皮膚の血色が良いだけで、肌年齢も上がってきますよね。ぜひ実践してみてください。

2014.10.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。 体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。 休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介