実はとっても怖い! 運動不足がお肌に与える悪影響を無理なく改善するコツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2014.09.10.Wed

美肌になるためには、まず健康でなければいけませんよね! そのためには「食べる・寝る・運動する」の3つが大切。まだ暑さが残るこの季節は、汗をかくので「運動する」は、もっともおろそかになる傾向が……。このままだとお肌に悪影響を与える可能性大!

実はとっても怖い! 運動不足がお肌に与える悪影響

血行不良になりやすい

運動量が低下すると、全身の血流が悪化。頭痛、肩こり、腰痛などの不調が気になるように。老廃物のめぐりも悪くなり、便秘や肌荒れ、ニキビなどのトラブルにつながります。

不眠症になりやすい

体を動かす時間が少ないのに、頭だけはフル回転。現代人のそんな生活は、自律神経を乱して不眠症、気分が落ち込むなどの精神障害も。

運動不足が美容面に与える悪影響

・血行不良による、目のくま、お肌のくすみ、全身のむくみ、など
・老廃物が溜まり、太りやすくなる、ニキビ、毛穴の黒ずみ、など
・不眠による、ストレス、肌荒れ、繰り返すニキビ、など

お肌にとっては、さまざまなトラブルを引き起こす元凶です。これを防ぐためには、日常生活の中で上手に運動量をアップしなくてはいけません。

1日20分、週2回から! 無理のないウォーキング習慣を!

お金も時間も使わずに、ただ「歩く」だけで十分な運動に。仕事と運動を両立するためには、1日20分ほどのウォーキングを週2回からスタート! これなら難しくないはず。ただし、だらだら歩いても効果はありません。姿勢を正して、早歩きでしっかりとウォーキングを。ヒールの靴や足に合わない靴でウォーキングをすると、足のむくみや変形につながるので注意。通勤時には、スニーカーでしっかり歩いて、職場で履き替えるなどの工夫を。難しい場合は、お休みの日や帰宅後に行いましょう。

運動をするとお肌の調子が変わる!

普段、通勤時や買い物時以外に全く運動をしなかった。そんな方が少しでも運動をすると、お肌も体質も「変わった!」と実感できるそう。ウォーキングを習慣にすると、血行が良くなり、頭だけ疲れて、体は疲れず「眠れない」という嫌な状況を改善! 熟睡できるようになります。無理のない範囲で、20分ウォーキングを週2回からスタートしてみましょう。

その他、楽しくできる美肌効果が高い運動方法は??

ジョギング

ウォーキングよりハードですが、短時間で血行が良くなる、消費エネルギーが高いなど、より高い美容効果が期待できます。まずは、10分程度走ってみて、ツライと感じたらまた歩く。週1回、15分程度でもやればやるだけ変化が感じられるはずです。

水泳

水圧で血行が促されて、短時間でも高い運動量が得られるのだとか。水中ウォーキングは、筋肉に付加がかかり短い時間でも効果的です。引き締まった美尻効果も得られそうです。

お部屋で筋トレ

腹筋、腕立て伏せなどの筋トレは、体の内側の筋肉を鍛えて、基礎代謝をあげて痩せやすい体質をつくってくれます。気になるおしりのたるみ、ぽっこりお腹の引き締め、姿勢の改善などの効果が実感できるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm