自分の肌に合った朝の洗顔方法とは一体どれ?

2014.09.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

メイクのりの決め手となる朝の肌の状態。スキンケアの中でも、最も大切な洗顔方法。いま行っている洗顔方法は自分の肌質に合っているのでしょうか? 肌の状態を良好にするためには、自分に合ったスキンケア方法を探し出す必要があります。さまざまな情報が行き交う朝の洗顔方法で、どうも肌の調子が本当は良くないかも? と思ったら、実はあなたにとっては合わない洗顔を行っているのかも……。

朝洗顔方法の種類

朝の洗顔方法には、さまざまな種類があります。水洗顔、夜と同じ洗顔、朝でもメイク落としを使った洗顔、いろいろありますね。あなたが試している洗顔方法はどれでしょうか? 肌のキレイな人が行っている洗顔方法を真似しても、あなたの肌質にあった洗顔方法をしていないなら、肌の状態を改善させることができません。もちろん、メイクのりも違ってきますよね。朝の洗顔は肌質によって違う事を知る必要があります。

脂性の肌だからこそ

脂性の肌をお持ちの方は、本当に脂性の肌の人と、隠れ乾燥の人がいます。どちらも洗いすぎにより、余計肌から皮脂が分泌しやすくなりますが、朝に水洗顔だけでは皮脂を落としきれずに、メイクののりが悪くなります。そのため石鹸や肌に合った洗顔フォームを使って、顔を洗うことが望ましい場合もあります。過剰洗顔とは、肌に刺激のある洗浄力の強い石鹸や、たっぷりの泡で顔を覆うような洗顔です。夜、寝ている間に行われた新陳代謝によって、たくさんの皮脂が分泌されるため、朝の肌は角栓が皮脂で詰まっている状態です。刺激の少ない洗顔石鹸で顔を洗った方が、肌の状態を整える事もあります。

乾燥肌の人がやっちゃいがちなこと

乾燥肌の人は、特にオイルコントロールを気にして、水洗顔をしている人が多いのではないでしょうか? 朝から乾燥を気にしているのに、水洗顔はお肌に負担をかけているかもしれません。もちろん石鹸などで洗顔をすると、肌に必要な皮脂までをも洗い流してしまうので要注意です。乾燥肌の人は、朝でもしっかりとぬるま湯で洗顔することをお勧めします。ぬるま湯で毛穴を緩ませることで、化粧水の入り方も変わってきます。肌に潤いを与えるための重要な工程でもある朝の洗顔なので面倒くさがらず、水ではなくぬるま湯で行うようにしてみると、肌ももちもちのまま、化粧のりも良好になるかもしれませんよ。

肌質に合った朝洗顔を

このように、それぞれの肌に合わせた洗顔を行うことで、朝の肌の状態を改善することができます。自分の肌は他人と違うので、この洗顔方法が良い! と言われているものよりも、自分に合った洗顔方法を自分自身で見つけるのが、一番良い方法です。肌のターンオーバーは28日間と言われています。約1か月間試して、肌の状態があまり変わらないな? と思っているなら、スキンケア方法を変えていき、自分に合う洗顔方法を見つけてみてくださいね。朝の洗顔は夜同様とても重要なので、ずぼらにならないように、メイク前のスキンケアを万全にして出かけましょう。

2014.09.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。 体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。 休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介