のっぺり顔にさようなら! 立体感を出すハイライト&シェーディングの方法

2014.09.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

私たち日本人(アジアの方全般に言えることですが)は、欧米の方に比べて顔のつくりが平坦です。「もっと彫りの深い顔立ちだったら!」そんなふうに思ったこと、ありませんか?
そこで、今回はハイライトとシェーディングで立体感を出す方法をご紹介します。

ハイライトの選び方

ハイライトの選び方は重要。自分の肌色とかけ離れたトーンのものを選ぶと変に浮いてしまうことがあるため注意しましょう。
黄みの強い肌色の方は少しイエローがかったハイライト(ライムグリーンも可)を、色白で青み、赤みの強い肌色の方は白がおすすめです。
また、パールやラメが入ったものを選ぶときには必ず粒子の細かいものを選ぶようにしましょう。大粒のものを選ぶと不自然に人目を引いたり、安っぽい印象の仕上がりになる場合があるため注意しましょう。
そして、ご購入の際は必ず仕上がりをさまざまな角度からチェックし、肌に馴染み、ツヤが綺麗に出るものを選ぶのがおすすめです。

ハイライトの入れる位置と入れ方

1.頬のトップより高い目尻寄りの部分

少し弧を描くようにブラシでひとはけ入れます。この部分に入れるとツヤ感がアップ。肌も綺麗に見えるのでおすすめです。

2.眉間から鼻筋

ハイライトをブラシに含んだら他の場所につける時よりもよくハイライトを払ってからひとはけ入れます。眉間の間は少し太めに、鼻筋には細目に入れるのがポイント。さりげなく入れることを意識しましょう。

3.顎

下唇の中央部分から少し下の部分から逆三角形に入れます。あまり広くは入れず、唇の幅3分の1程度までにとどめるのがベストです。

シェーディングの選び方

ノンパールのフェイスパウダーをご使用の方はノンパールのシェーディングを、パール入りのフェイスパウダーをご使用の方はパール入りのシェーディング(ブロンザー)を使用されると一体感が出るためおすすめです。
色みは黄みの強い肌色の方は深めのブラウンを、色白で青みや赤みの強い肌色の方は赤みの強いブラウンを使用されると肌なじみがいいでしょう。
ご購入の際は必ずサイドから見た仕上がりをチェックし、自然に肌に溶け込むものを選ばれることをおすすめします。

シェーディングの入れる位置と入れ方

シェーディングを入れる位置は顔周り。額の中央の生え際あたりから顔のラインに沿って筆を滑らせます。頬のトップより少し高めの位置で少し内側に筆を入れ、また筆を生え際に戻し顎まで入れます。この時数字の「8」を3分の1切った形をイメージして行うとよいでしょう。
シェーディングを入れる上での注意点ですが、ブラシに粉を含んだら手の甲などで何度か払ってからつけるようにしてください。ポイントはあくまでもさりげなく、自然に。境目がくっきりしてしまうと台無しに。注意しましょう。
また、小顔効果を狙って頬のあたりを太めに入れると頬がこけて不健康な印象に仕上がることも。ブラシの太さ程度に入れるのがベストです。

いかがでしたでしょうか。
光と影をうまく味方にして立体感を出したら、いつもより小顔になるはず。さらにアイメイクで「彫り」を作って外国人風メイクを楽しまれてはいかがでしょか。

2014.09.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介