日本に生まれてよかった! 食べるだけで美しくなれる「和菓子」が持つ驚きの美肌パワーとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2014.08.10.Sun

パンケーキやクレープなどの流行スイーツと比べると、和菓子の人気は少し控えめ。けれども健康と美容にいいのはやっぱり「和菓子」なんです! ヘルシーで低カロリー。さらには整腸作用や貧血防止など、女性の健康と美容をサポートしてくれる効果も期待。今回は、和菓子が持つスゴイ美容パワーに注目したいと思います。

どうして和菓子は健康・美容に良いの?

「美容のためには洋菓子よりも和菓子」と昔からいわれていますが、どうして和菓子がオススメされるのでしょうか? その理由は、和菓子に含まれている成分の違いにあります。

・バターや生クリーム、卵などの脂肪分を使ってないので低カロリー
・寒天や小豆などを使った和菓子は食物繊維が豊富
・大豆やきな粉、ゴマ、黒糖など、健康と美容に良い素材がたっぷり

洋菓子に比べて和菓子は、バターや生クリーム、卵など動物性の脂肪が使われていないので低カロリーです。動物性脂肪の摂りすぎは、コレステロール値を上げる原因になり、皮脂バランスを乱し、頭皮や髪にも悪影響を及ぼすといわれています。

洋菓子と比べてこんなに低カロリー!

一般的なショートケーキのカロリー約380kcalに比べて、大福1個のカロリーは約250kcal。
なんと130kcalもの差があります! 130kcalといえば、ご飯茶碗1杯分のカロリーです。そのほか、主なスイーツのカロリーを比較してみると、和菓子の方がはるかにカロリーは低いことが分かります。

・アップルパイ 560kcal ・水ようかん 110kcal
・レアチーズケーキ 440kcal ・どら焼き 250kcal
・ミルフィーユ 440kcal ・もなか 170kcal

和菓子に欠かせない成分「あずき」の4つの美肌効果

和菓子といえば「あんこ」が欠かせませんよね。桜餅やお饅頭、水ようかんやあんみつ、もなかにもあんこが使われています。原料の「あずき」には、さまざまな美容効果があるといわれているのです。

1:便秘解消

豊富に含まれている食物繊維が溜まった老廃物のお掃除をしてくれます。

2:むくみの改善

あずきに含まれる「サポニン」という栄養素がむくみ改善に役立ちます。

3:新陳代謝アップ

糖質をエネルギーに変える「B1」が含まれています。

4:貧血の予防

女性が不足しがちな成分「鉄分」も含まれています。

5:アンチエイジング効果

あずきに含まれる「ポリフェノール」は老化防止効果が。

あんこには多くの美容効果が期待できます! 身体に溜まった老廃物を流して、糖質をエネルギーに変え、さらに鉄分も摂取♪ 仕上げにポリフェノールまで補える……これはスゴイですよね。
また和菓子と相性の良い緑茶には、老化を防ぐ抗酸化作用の高い「カテキン」が豊富に含まれていますので一緒に頂きましょう。

まとめ

日本独特の文化が詰まった「和菓子」は、女性の美と健康を応援するスーパースイーツなのです。普段、ケーキ、タルト、パンケーキと洋菓子派の方も、上手に和菓子を食べて美容効果をアップさせてみたくなりませんか? 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm