夏のメイク、崩れにくく綺麗さを保つための5つのステップ

2014.08.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

湿気、汗、紫外線……。夏場のメイクって、崩れる要素が満載すぎて大変。気がついたら眉がなくなっていたり、汗で日焼け止めもファンデーションも流れていつの間にか日焼けしていたり、といった事態を避けるために崩れにくいメイクのポイントを集めてみました。
やはり、しっかりとした下地作りが重要なのは言うまでもありませんが、下地作りやそれ以前の肌のベース作りにポイントがあるようです。

1.角質ケアをする

お化粧のノリも、1番ベースになる肌がしっかり整っていないとよくなりません。夏は、紫外線から肌を守ろうとして肌が堅くなりがち。一方で、新陳代謝も上がるので、はがれ落ちようとする角質が残ったりしてザラザラがまだらになってしまったりするのです。肌が堅くなったり、角質が残ってしまっていると、せっかく保湿しても成分が肌に入って行きにくかったり、ムラになってしまいます。肌がダメージを受けやすい時期なので、低刺激の角質ケアで、まずはすべすべの状態にしましょう。

2.角質ケアの後は保湿

角質をとって均一なお肌になったら、大事なのは保湿。紫外線や、クーラーの乾燥などで夏のお肌は意外と乾燥しています。
日中もデスク周りなどに化粧水やクリームを常備しておいて、マメに保湿ができるとベストです。

3.肌を冷やす

夏の時期、シャワーを浴びた後にドライヤーでまたどっと汗をかいてしまったり、なかなか体温が下がらないですよね。体温上昇によって毛穴が開いてしまうとメイクの敵。肌を冷やすことが大事になってきます。化粧水を含ませたコットンでパッティングしたり、ローションパックでしっかりと皮膚の温度を下げましょう。冷蔵庫で化粧水を冷やしておくのもいいですね。

4.下地、ファンデーションは塗りすぎない

特に、皮脂が多くて崩れやすい鼻の頭やおでこは過剰に塗りすぎないことを意識して。ついつい鼻の頭やおでこから下地クリームを載せる癖がある方は要注意。他の部分に塗った残りを載せて薄く伸ばすくらいでちょうどいいのです。ファンデーションも同様に、とにかく塗りすぎないことです。厚めに塗っても日焼け止め効果は変わらないので、それよりもマメに塗り直すようにしましょう。

5.アイメイクは、コーティング剤を使う

アイブローコートやマスカラコートなど100円均一に売っているようなコーティング剤を使うのもポイント。コーティング剤を使うのと使わないのでは、落ち方が全く違います。

また、夏の時期だけはマスカラやつけまつげではなくまつげエクステにするという声も。アイラインや眉はアートメイクもありますが、ちょっとハードルが高いですよね。
ウォータープルーフタイプのアイメイク用品を使っても、体質や商品との相性によっては落ちやすい場合もあるので、自分に合ったものを見つけられるといいですね。

すっぴんでおしぼりで顔を拭ける男性が羨ましく思えてしまうのがこの時期。でも、諦めずに夏のメイクを楽しみたいですね!

2014.08.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、 離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中 趣味 パワースポット巡り アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/ ツイッター@erumoamere Facebook https://www.facebook.com/fumina29 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介