シミは外側からケアするだけじゃダメ! 内側からも徹底ケアでシミをシャットアウト!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2014.07.23.Wed

紫外線対策が必須となるこの時期、恐れるのはやはりシミ! 美意識の高い皆さんはすでに日焼け止めや帽子、日傘などのUVケアに加え、美白コスメなどのスキンケアなどを取り入れているかと思います。しかし、年を重ねることに加え、どんなに紫外線対策をしても100%カットするのは不可能に近いです。そして秋にはうっすらと新しいシミが登場、今までのシミが拡大してしまう……なんてことに。外側だけでなく内側からもシミ対策をしていきましょう。

シミの出現をなくすシミ予防食材とは?

ビタミンC

シミ対策にスキンケアに取り入れている方も多いビタミンC。内側からも取り入れることで効率アップ! また、夏風邪やストレス緩和にも効果的のため夏バテしやすいこの時期は積極的に摂取を。水溶性ビタミンCは食べてから数時間後には排泄されてしまうので、できれば一度にたくさんではなく、毎食こまめな摂取を。
▽ 主な食材…ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、イチゴ、キウイ、パプリカ、レンコン等

ビタミンA

ビタミンA配合コスメは新陳代謝を促すなど肌老化に効果的なものが多いですが、食材も同様。内側から肌の健康を保つことができます。特に熱や油との相性が良いのも魅力の一つで、炒めるのがおすすめ。生で食べる時はオイルドレッシングと合わせれば吸収率アップ。
▽ 主な食材…人参、レバー、うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草、春菊、モロヘイヤ等

エラグ酸

美白成分として厚生労働省の認可を受けている成分で、主に一口サイズの食材に多く含まれるため、朝食にヨーグルトと混ぜたりおやつにつまんだりとこまめに取り入れやすいのも魅力。抗酸化作用に優れメラニン色素の生成を抑え美白効果に加え、アンチエイジング、糖尿病、生活習慣病などに効果があります。
▽ 主な食材…くるみ、ザクロ、クランベリー、ラズベリー、イチゴ、クコ茶等

レスベラトロール

ポリフェノールの一種で、メラニン色素の生成を抑えシミ予防に効果的、また肌の代謝を上げてくれるため肌にうるおいとハリを与え、若々しさを保ちます。ニキビ予防にも注目されています。紫外線や過剰皮脂、汗を起こすこの時期にピッタリな成分です。
▽ 主な食材…ココア、赤ワイン、アーモンド、ピーナッツの皮、ブドウ、サンタベリー等

いかがでしたか? 紫外線が強い時期はUVケアやスキンケアなどの外側からだけでなく、これらの食材・成分に注目し、メラニンの生成・沈着を抑えて内側からシミ知らずの夏にしていきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/