夏の隠れ冷え症はこんなに危険! 解消する方法は意外とシンプル!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2014.07.18.Fri

最近、なんだかお肌の調子がよくないと感じませんか? 冷たい食べ物、飲み物、冷房など冷え習慣の繰り返しで、身体の内側が冷えている可能性があります。冷えは美容の大敵! 新陳代謝が下がり、お肌の再生サイクルが鈍くなってしまうことも。今回は、夏の冷え性を改善する方法をご紹介します!

その肌荒れ、不調の原因は夏の冷えにあり?

この夏も節電モードで、冷房の使用を控えめにしたり、設定温度を高くしているから冷えの心配はなさそう……なんて、油断は禁物です。ゆるめの冷房でも長時間に及ぶと、身体は熱を逃さないように次第に血管を収縮させます。すると、体内の血液や水分の巡りが滞り、手足などの末端が冷えて、だるさ、むくみ、疲れやすい、肌が荒れるなど、多くの不調が引き起こされてしまうのです。
また冷たい飲み物、食べ物、薄着など冷えるものばかりに囲まれた夏は、冷え症になる危険がたくさん潜んでいます!

夏の冷えは食事で解決しよう!

一度身体が冷えてしまうと、なかなか治りにくい。もう何年も冷え症に悩まされているという方も非常に多いですよね。冷え性対策のひとつとして、食事やおやつに温め効果のある食材を摂りましょう!

ポカポカ食材といえば……

香辛料や、土の中に育つ作物、冬の食材、肉、魚などは身体を温める効果があるといわれています。
しょうが、唐辛子、ニラ、ネギなどの食材を積極的に取り入れてみましょう! 身体を温めるものを選んで、美味しく食べながら美肌ケアに役立てられたらうれしいですよね。

冷房による寒暖差が自律神経を乱すことも!

外は蒸し暑いのに、一歩屋内に入ると「涼しい! いや、むしろ寒い……」という場面が増える夏。本体、私たちの身体は自律神経の働きによって、汗をかいて上手に体温調節をしています。ところが、寒い屋内と猛暑の屋外を行ったりきたりしていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、体温調節が上手くできなくなってしまうのです。

自律神経のバランスは正しい生活習慣から!

そんな寒暖差に負けずに、バランスを整えるためには、1日3食きちんと食事をして、十分な睡眠を取っておくことが大切!
ずっと同じ姿勢のままでいることも、身体のめぐりを妨げる原因になります。仕事や家事で、長時間同じ姿勢でいる時には、こまめに身体を動かして、ストレッチなどを加えてみましょう!

冷え改善のツボ押しもぜひ

また、リフレッシュをかねて、冷えを和らげる効果のある「ツボ」を刺激してみましょう。手足の指と指の間、付け根部分にあるツボは、自律神経の働きを整えて、血行を良くするといわれています。ツボの部分をつまむように、少し強めに引っ張って刺激。1か所につき、10回くらいが目安です!

夏の冷え症は、健康・美容によくないことだらけ! 気温の暑さで油断しやすいだけに、小さな習慣を注意して続けておきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm