あなたにぴったり似合う香水に出会う7つのヒント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.07.11.Fri

香水はいわば自分の肌に寄り添うアクセサリー。自分に似合う香水を身に纏えば、あなたの魅力をより際立たせることができます。そこで今回は、自分にぴったり似合う香水に出会うヒントをご紹介します。

香水の説明書きだけで決めつけない

香水には何百もの香りの成分が含まれているので、香水の説明に書かれた2、3個のノートの特徴だけを見て、自分に合う、合わないを決めてしまうのはもったいない! 誰にでも苦手な系統の香りがあります。例えば、筆者はムスク系の香りが苦手ですが、「ムスク」と表現されていても、実際にその香水の香りを嗅ぐまでは自分の苦手とする香りなのかはわかりません。説明文に惑わされず、どんどん香りを試してみて下さい。思いがけない一品に出会えるかもしれません。

“香水はつける人によって香りが変わる”はウソ

私たちはみんな同じ肌のpH値を持っているので、つける人によって香りが変わることはありません(むしろ変わるべきではありません)。それでも人によって香り方に違いがあるように感じるのは、香りつきのボディウォッシュやボディクリームなどその人がすでに肌につけている製品のせい。香水を買いに行くのなら、いつもと同じスキンケアをして出かけてみて。そうすれば、普段その香水が肌の上でどんな風に香るかをより正確に知ることができます。

香水は乾いてから

デパートなどで香りを試す時には、紙に吹き付けてから香水が完全に乾くまでしっかり待ってみて。香りが立つまではその香水本来の香りを楽しむことができません。また、気になる香水があったらテスターを一度体につけて1日過ごしてみましょう。トップ、ミドル、ベースと3段階に変化する香りを確かめることができ、香りの持続時間も知ることができます。

嗅ぎすぎに注意!

香水売り場で匂いを楽しんでいたら、だんだん匂いがわからなくなってきた……なんて経験がある方も多いはず。人は強い匂いを嗅ぎ続けていると、嗅覚が鈍感になり匂いがよくわからなくなることがあります。そんな時には自分の肌やシャツの匂いを嗅いでみて。また、テスターの近くにコーヒー豆が置いてあることもありますが、あれも鼻をリセットするためのアイテム。嗅ぎすぎると気分が悪くなってしまうこともあるので、テスターの嗅ぎすぎには注意して下さいね!

メンズ、レディースは関係ない

香水は男性用、女性用と分けられていますが、男性用だからといってその香りが女性に似合わないという意味ではありません。ジーンズにTシャツなんてラフな格好の時にはきりっとしたメンズ用の香水。かわいいワンピースの時にはフローラル系。ちょっとセクシーに見せたいときにはオリエンタル系(ムスク、バニラなど甘くて濃厚な香り)など、雰囲気によって香水を変えてみるのも楽しいですよ!

季節によっても変えてみる

香水は服装だけでなく、季節や天候によって変えるのが上級者。例えばじめじめした梅雨時の蒸し暑い日には、甘くて重~いバニラの香りよりも、すっきりとしたオレンジやレモンの香りを嗅ぎたいと思いませんか? 季節や天候によってしっくりくる香りは違うはず。いろんな香水にトライして、アクセサリーのように香りを楽しんで下さいね。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。