夏でも爽やか肌がいい! テカテカあぶら肌を一週間で改善しよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.07.21.Mon

この時期に急増するあぶら肌。肌が油を塗ったかのようにテカテカ、触るとベタベタになっていませんか? あぶら肌は化粧ノリも悪く崩れやすい、見た目も美しくない……などデメリットだらけ。そんなあぶら肌を一週間で改善する方法をご紹介いたします。

顔があぶらっぽくなる原因とは?

1…気温の上昇

この時期特に猛暑続きとなりますが、気温が上がると血液循環が良くなり、皮膚に栄養が行き渡るようになります。一見良いことに感じますが、それにより皮脂腺・汗腺の働きが活発化して皮脂や汗の分泌が多くなってしまうのです。

2…ゴシゴシ洗顔

べたついて汗をかくとついつい念入りにゴシゴシ洗顔をしたくなりますね。しかし皮脂を取ろうと思って行った洗顔に対し、肌に必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまい、今度はそれを補おうと肌は余計皮脂分泌を開始し結果、よりあぶら肌に。洗顔をするときは手で洗うのではなく泡を転がす、泡で洗うイメージで優しくが基本。

3…脂肪分の多い食事

肌から分泌される皮脂の原料となるのは当然口にしたものです。脂肪分の多いお肉や揚げ物、チョコレートやケーキなどのお菓子類の摂り過ぎに注意してください。お肉なら蒸したりグリルで焼くなど油を使わない方法で、お菓子は和菓子にチェンジするなど工夫を。

4…ストレス・睡眠不足

例えば緊張すると手に汗をかくように、ストレスを感じると皮脂の分泌が盛んになります。また寝不足も皮脂の分泌を促進させてしまうため、自身のこまめなストレスケア、ゴールデンタイムの就寝・1日6時間以上の睡眠を心がけましょう。

スキンケアでテカリをケアしよう!

肌のテカリを抑えるためには化粧品の使い方にも工夫が必要。化粧水は肌を引き締めるためと中身の酸化を防ぐためになるべく冷蔵庫で冷やしておくと◎。そして選び方はオイルフリーのものに限ります。洗顔後、化粧水をたっぷり使い、コットンで十分にパッティングしましょう。毛穴がキュッと引き締まり、皮脂の出口をふさぎます。また、油分の多い乳液は控え美容液でうるおいに蓋をするようにします。
あぶら肌でニキビや吹き出物に悩んでいる方はビタミンC配合や薬用の化粧品がおすすめ。過激な皮脂の分泌を抑えて肌を清潔に保ってくれます。

内側からあぶら肌対策!

原因にもあるように、あぶら肌の人は脂肪分の多い食事傾向に。そこでおすすめしたい栄養素は、皮膚を清潔に保つビタミンA(にんじん、ほうれん草、うなぎ、かぼちゃ、マグロ等)、皮脂の量を抑えて血行を促進してくれるビタミンB2(納豆、サバ、パセリ等)。またこれらが多いのは緑黄色野菜と魚類のため、まずは野菜ジュースからトライ。慣れてきたら油を使わない煮物や蒸す料理の豊富な和食中心に献立を考えてみるもの良いでしょう。

さぁ、自分はあぶら肌だ、テカテカしていると感じる方は自身が当てはまったあぶら肌の原因を知り、まずは一週間頑張ってこれらを実行してみてください。確実に肌は変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/