夏こそ髪を労わろう! 美髪へと導くお役立ち食材

2014.06.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

汗、紫外線、湿気、夏は髪にとってもストレスが多く過酷な環境です。ですから、“髪は女の命”といわれているだけにしっかりとケアをしたいもの。コンディショナーやトリートメントなど外側からのケアももちろん大事ですが、体の中からのケアだって必要です。頭皮にしっかりと栄養を与え、美しくコシのある髪質に効果的な食材をご紹介します!

キウイフルーツ、アボカド

キウイフルーツとアボカド、緑の美しいこのふたつに共通するのは、抗酸化物質だけでなくビタミンAやビタミンEが豊富なことです。ビタミンAは頭皮の健康維持を助ける働きがあり、ビタミンEには髪の成長を促す効果があります。このダブルが組み合わされば、健康的でツヤのある髪をつくるのにとても効果的。ほかにアプリコットも同じような栄養素がありすすめです。キウイフルーツやアボカドは、夏ならスムージーで美味しく食べられます。それぞれ他のくだものや野菜で違ったテイストになるので、いろいろ試してみましょう。

きのこ類

きのこ類には、髪のコシを強くし、成長を促す栄養素としての銅が豊富。また抜け毛を防ぐうえでも効果があることで知られています。ほかにもゴマ、アスパラガスなどにたくさん含まれているので、あわせて食べるようにするとよいでしょう。きのこ類は野菜と一緒にソテーすれば栄養価の高い副菜になります。

玄米やオーツ類

髪の健やかな成長を促す栄養素が豊富に含まれている玄米やオーツは、ぜひ日常の食生活に組み入れてほしい食材たち。鉄分、シリカ、亜鉛、ビタミンB7などが、強くてしなやかな髪をつくってくれます。

卵や牛乳

卵と牛乳といえば、もちろんタンパク質。美しい髪を作る材料としてタンパク質は欠かせません。また頭皮の感染症を予防し、健康を守るためにも良質なタンパク質は必須です。ほかにもチーズ、大豆、豆類などはとても優秀なタンパク質源なので、さまざまな食材から少しずつ摂るようにするとよいでしょう。

番外編

ビールで髪を洗う!?

かなり荒っぽい技に思えますが、じつはビールは髪に嬉しい成分がいっぱい。大麦から作られたビールには、多くのビタミンや栄養素がたくさん。ダメージを受けた髪を修復したり、髪質をソフトにする働きがあります。そのため、ビールで髪を洗ったり、リンスするのがじつは美髪につながるのです!

また市販のシャンプーやコンディショナーを使い続けるとどうしても化学残留物が洗いきれず、残ってしまうことがあります。それらをきれいに取り除くには、ビールとリンゴ酢を混ぜて、髪をすすぐ方法がおすすめ。髪にとって重要な頭皮の健康を守るためにもスペシャルケアとして取り入れる価値があります。

▽ 参考記事(海外サイト)
5 Foods That Make Your Hair Grow
5 Reasons to Use Beer for Great Hair

2014.06.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介