美容のために! 豆乳を寝る前に飲むと嬉しいこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.04.19.Sun

美容について、いろいろな成分が話題になっていますよね。プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸などさまざまですがが、より効果的に食物から美容効果を得たいと思うのが女性の本音です。自然な食物の中でも美容に良いと言われているのが豆乳です。では、この豆乳どのようにしたらより美容効果を活かせるでしょうか?

豆乳に美容成分が豊富なわけ

豆乳に入っているイソフラボンの成分は、女性ホルモンによく似ているために美容に良いと評判です。そして生理前など女性ホルモンのバランスが悪いときなども、イソフラボンを摂取するといい効果があるとも話題です。しかしこの豆乳、生理前の10日間の間毎朝飲むといいと話題になりましたが、実は豆乳って体を冷やす作用があるので、そのまま飲むと生理中の腹痛を倍増させることも。冷え性の原因とも言われている豆乳なので、そのまま飲むよりも温めて飲む方がいいかも。

あんまり良くないこともある?

豆乳はそのまま飲むと体を冷やす作用がありますが、それ以外にも脂肪分が多いため、飲みすぎは注意です。またイソフラボンの過多はホルモンバランスを崩し、余計に生理不順になせます。これも飲みすぎなければ大丈夫なので、普通に毎日200ml程度飲む場合は問題ないでしょう。
また、豆乳を夜寝る前に飲むとなるとさらなる問題があることも。それは夜は代謝機能が悪くなるため、脂肪分の多い豆乳は消費されにくいということ。さらに夜は脂肪を蓄積しやすいという体の機能があるため、寝る前に豆乳を飲むのは良くないといった見解もあります。しかしこれはどの食品にも当てはまりますよね。ですが豆乳は夜寝る前に飲むと、これらの問題とは全く違う効果が現れるんですよ。

寝る前に飲んでおくと嬉しいこと

寝る前に豆乳を飲むことで、イソフラボンやタンパク質が寝ている間に体内で働いてくれるので、美容効果が期待できます。夜飲めば朝の肌質もハリが出てくるし、しかも嬉しいことに便通も良くしてくれます。
しかし女性なら誰もが気にすること、「寝る前に飲むと脂肪に変わる」といった点ですが、豆乳に含まれている脂肪はなんと脂肪を燃やしてくれる手助けをすると言われています。脂肪には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞と二つあり、褐色脂肪細胞により体内に蓄積された白色脂肪細胞を燃やしてくれます。豆乳にはこの褐色脂肪細胞を活性化させる効果があるため、寝る前に飲んでも脂肪を蓄積させてしまうといったことがないのです。だから夜寝る前に飲んだとしても安心です。また豆乳自体は体を冷やしてしまいますが、温めて飲むことでこの問題もクリアできます。寝る前に温かい豆乳を飲んで、体を温めながら美容に嬉しいイソフラボン摂取をしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。