白髪予防のために習慣にしたい8つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.05.24.Sat

知っておきたい白髪の原因とメカニズム

個人差はありますが、30代以降増えてくるお悩みの1つである「白髪」。
白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?
髪の毛は、そもそも、白い状態で生えてくるのだそうです。それに頭皮の中の髪の製造工場で色をつけていき、黒い髪の毛となって生えてきます。黒く色をつけていくのがメラノサイトです。メラノサイトがストレスを感じたり、血行不良になったりすると元気がなくなり仕事を怠るようになり、髪に色をつける作業を怠るため白髪がそのままのびてくることになります。
ですから、「白髪を予防するにはメラノサイトを元気にしなければならない」ということになります。
そこで、今回はメラノサイトを元気にする方法をご紹介したいと思います。

1、頭皮をマッサージする

頭皮の血行不良を改善するにはマッサージが◎。専用のアイテムを使用すると、手軽にかつ効果的に頭皮マッサージすることができます。
また、頭皮のコリをほぐすことでリフトアップ効果が得られ、くすみも改善します。

2、白髪に効果のある育毛剤を使う

頭皮も顔のケアと同じように保湿したり、栄養を与える必要があります。
オススメの育毛剤は、資生堂の「アデノバイタルスカルプエッセンス」。筆者はアデノバイタルスカルプエッセンスを使用し、白髪の根元が黒くなって生えてきたという体験をしています。
アデノバイタルスカルプエッセンス

3、頭皮や髪に日焼け止めを使う

白髪の原因のひとつに紫外線の影響が挙げられます。顔や体だけでなく、頭皮や髪にも紫外線対策をとりましょう。帽子を被ったり、日傘をさすなどのほか、日焼け止めをつけるのも有効な手段。髪にはスプレータイプの日焼け止めがオススメ。シュッと吹きかければ手を汚すことなく、髪を紫外線から守ることができます。
頭皮には、筆ペンタイプの日焼け止めがオススメですが、わざわざ購入するのはちょっと……、という方は顔につける日焼け止めを指の腹にのばしてから頭皮に塗り込むといいでしょう。

4、体を冷やさない

血行不良も白髪の原因のひとつと言われています。冷たい飲み物を避け、体を温めるなどして血行をよくするように心掛けましょう。また、血行をよくする手段として適度な飲酒もオススメです。この場合、体を冷やすビールより、赤ワインや焼酎、日本酒などが◎。

5、質のいい睡眠をとる

質のいい睡眠をとることは、美容のためにも健康のためにも重要です。質のいい睡眠をとることで、頭皮に栄養が行き届き、体の修復機能も作用します。眠る前にはテレビ、スマホ、パソコンなどの使用を避け、体を温めておくなどして睡眠の質の向上に気を配りましょう。

6、白髪に効果のある食品を摂取する

白髪に効果があると言われている海藻や黒ゴマ、黒豆茶などを積極的に摂取することが効果的です。また、バランスのいい食事を心掛けましょう。

7、適度な運動

できれば1日30分程度の運動をし、忙しい日でも寝る前に軽くストレッチするなどして、毎日適度な運動を心掛けましょう。

8、ストレスを溜め込まない

自分の趣味を持ったり、アロマなどを利用してうまく気分転換を行い、ストレスを溜め込まないようにすることが重要です。

これらのことを長い期間続けることで始めて効果が表れます。できることから始め、ぜひ数か月単位で続けてみていただきたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)