ファンデーションだって衣替え! 春夏の肌に合ったファンデーションの選び方とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.05.13.Tue

皆さんがメイクの中でも美肌に仕上げる一番の頼りでもあるファンデーション。普段、1つのファンデーションはどのくらいの期間使っているか自分の中で目安はありますか? なかにはなくなるまでずっと使う、一年中変えないという方から新作が出るたび1~2か月で変えるという方も。今回はそんな毎日使うファンデーションの正しい選び方についてお伝えしていきます。

ファンデーションだって衣替え!

1つのファンデーションをなくなるまで使うという物持ちの良い方もたくさんお見かけしますが、その間に季節は変わっていきます。ファンデーションは一年中同じものを使っていてはダメ! もちろん、新作が出たらコロコロ変えるのもダメ! 季節や肌の状態を見ながら変えましょう。そのため、目安は春夏・秋冬で使い分けするのがベスト! 洋服と同じようにファンデーションも衣替えが必要なのです。
最近ではいろいろな形状のファンデーションをお見かけしますが、種類は大きく分けてパウダリーとリキッドの2つ。質感や仕上がり、UVカット数、テクスチャーなどの好みで選びましょう。決して人気だから自分の肌に合うとは限らないため、自分は仕上がりに何を求めているのか(軽さ・透明感・マット・崩れにくさ等)を重視しましょう。

オークルってどんな色?

よく見かける「オークル」とはどんな意味合いと色なのか考えたことはありますか? 実は日本人の肌がキレイに見える健康的な肌色のことを指します。自分の肌色はどのタイプですか?

・明るい色白…ピンク肌
・やや明るい色白…ピンクオークル肌
・健康的な肌色…オークル肌
・やや暗い肌色…ベージュオークル肌
・やや明るい黄み肌…ベージュ肌
・明るい黄み肌…イエロー肌

に分けることができます。中でも日本人の肌色はほとんどがオークル系の3色に属していることが多いのです。ブランドが手掛ける標準色もオークルに設定することが多いのですが、ブランドによって多少色合いの変化があるため、自分に合ったカラーはもちろん、ブランドも探してみるのも◎!

一番重要な色選びについて

まず、ファンデーションの色選びはカウンターで相談をしたりテスターで実際に試してみることが大切です。今までのファンデーションの色選びの常識は自分の肌よりも同じかそれよりもやや暗めとされていました。しかしナチュラル肌ブームの今は自分の肌よりもやや明るめを塗るのがオシャレとされています。顔色が明るくなるうえ、ふんわりとした仕上がりが可愛く見えると話題に。
試し塗りをする際のポイントは、手に塗るのではなく、首に近いフェイスライン(Uゾーンの外側寄り)に行いましょう。チェック項目は

・顔の肌色との馴染み方
・首の肌色との馴染み方

の2つ。色の差が気にならない色が自分に合った本当の色になります。

自分に合ったファンデーションを選ぶことで仕上がりも格段と美しく! さっそく、春夏用のファンデーションを探してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/