美しさ!健康の秘訣!一日三食食べることは、女性にとって必要要素

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.04.17.Thu

私たちの体は食べ物でできているといっても過言ではありません。毎日の食事が健康と活力になっているし、もちろん美容にも重要な要素になっています。一日の食事は子どもの時から三食食べていたと思います。しかし大人になるとそれが崩れてついつい食事を取りすぎたり、逆に抜いてしまったりと乱れた生活になっていませんか?

乱れた食生活がどんどん生活を乱していく

普段の生活の中で朝食を抜いている人は多いと思います。さらに昨日の食べすぎを帳消ししようとして、次の日の食事を少なめにするなど、調整をしようとしていませんか? このような行為が食生活の乱れとなり、体の疲れや肌荒れの原因、さらに生理周期の乱れなどの原因になりかねません。女性はホルモンバランスによって体の機能を崩しやすいので、特に注意が必要なのです。

きちんと食べることがやけ食いを止められる

きちんと三食お腹が満たるまで食べると、体が満足し、余計な間食、主に甘いもの、チョコレートやクッキーなどを欲しなくなります。もちろんストレスのない食生活はアルコールも必要なくなります。食事の間に空腹感がでてくるのは、食事が足りない、もしくは必要な栄養を摂取できていないせいかもしれません。自分の体に適した量を食べていないと、体のホルモンバランスも崩れ、飢餓感により自分をコントロールできなくなってしまいます。これがやけ食いやドカ食いの元になってしまいます。

朝食を食べる大切さは食べすぎを防ぐことにも

朝もしっかり食べることの意味は、その日の活動を助けるだけではありません。夜にどうしてもお腹いっぱい食べてしまっている人はいませんか? 朝食の量が少ないと、夜に食事を取りすぎる傾向があるのです。朝もお昼もしっかり食べれば、夜の食べすぎを食い止められるので、朝食を抜かないようにすれば、余計な間食も防げるうえに、夜に油っぽいものやお酒など、体にとって重い食事を必要としなくなってきます。

PMSに逆らわないで!

生理前によるPMSに悩む女性は多いと思いますが、症状により常に空腹感を感じたり甘いものがほしくてしょうがない方もいると思います。しかしそこで食べ過ぎたからといって、食事による調整をすると余計に乱れのループにはまってしまいます。しっかり三食は食べ、間食も必要なら取ってみてください。今までより必要以上に食事もお菓子も食べ過ぎることがなくなります。夕食までの間の空腹感も、夕食をしっかり食べるんだ、という安心感が脳にも伝わり、食べすぎも防ぐことができるので、あまり気にせずPMSをやり過ごすことが一番です。PMSなどの症状が治まると、普通の今まで通りの食事にもどせば、自然とむくみなども取れてくるので安心してくださいね。

三食の食事が美しくさせる

しっかり三食食べると、心も体もイキイキと元気になります。ご飯も野菜もお肉も食べていると、体の疲れが取れやすく、さらにお肌の再生機能も早まるので、自然と見た目も健康的で美しく輝いて見えるものです。自分の食生活を見直して、食の大切さを実感してみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。