早めにケアしないと間に合わない! 水着シーズン前の今からケアすべき体の黒ずみ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.04.29.Tue

学生ではプール授業がはじまるなど、そろそろ水着が街中にも並ぶ時期です。夏と言えばマリンスポーツ! 海やプールで可愛いオシャレな水着を着こなしたいですよね。そこで恥ずかしい思いをすることが多いのが黒ずみ……。特にヒップ付近やひじひざが黒くくすんでいたら美ボディも台無しに。本日は茶色くくすんで見える嫌~な黒ずみを夏までに改善する方法をお伝えしていきます。

肌がくすんで見える原因って?

よくひじやひざの黒ずみのほかにも、ヒップラインが焦げ茶色にくすんでいるかも? と思ったことはありませんか? 洗っても洗っても落ちない、消えない! これらの黒ずみの正体は「色素沈着」です。
原因は

・姿勢
・下着による摩擦
・汚れが残っているケア不足

が考えられます。
特にヒップの場合、自分からは見えにくいため黒ずみを悪化させてしまいがち。まず、自分の黒ずみをチェックして、改善ケアを取り入れると同時に、これ以上悪化させないようにする必要があります。

黒ずみの原因と正しいケア方法

姿勢

・机にひじをつくことが多くありませんか?
・ひざまずく動作が多くありませんか?
・長時間座りっぱなしの姿勢ではありませんか?

机にひざをつきながらの作業は、周りから見ても態度が悪いなど見た目にも影響し一利なし。癖になってしまっている方は意識をして直しましょう。ひざまずく動作が多い方は膝にサポーターなどをしてワンクッション置くことで黒ずみ悪化を防ぎます。
またPC作業などで長時間座りっぱなしの方はずっしりとした座り方を辞め、やわらかいクッションを取り入れましょう。意識はお尻のトップからゆっくりと腰掛けるイメージを意識するだけで皮膚が感じる衝撃も和らぎ、これからの黒ずみの悪化を予防できます。

摩擦

下着による摩擦は自分では刺激などを感じることなく、肌だけが黒ずみを進行させてしまっているため気が付きにくく、黒ずみがあった場合はいつもの下着を見直す必要があります。
ヒップであればショーツはお尻を包み込むようなものや、ボクサータイプのものにすることで摩擦を抑えることができます。

日常のケア

・体は毎日洗っているけど黒ずみは気にしたことがない
・黒ずみが消えるようにタオルでゴシゴシ洗っている

ボディスクラブを週1~2回黒ずみ部分に取り入れ、古い角質を取り除きましょう。
入浴後は黒ずみが気になる部分にビタミンCコスメ(ビタミンCコスメがない方は保湿クリームやボディクリームでも◎)で保湿をしましょう。ビタミンCには色素沈着(シミ)を予防・改善する効果があります。また体を洗う際のスポンジでのゴシゴシ洗いはNG。やさしく手で洗うようにしましょう。

まずは1か月間、黒ずみとその変化を意識してケアしてみましょう。ボディの黒ずみケアは夏の一歩手前の今からが開始時です。「来週、水着を着るから今日からケアしよう!」では間に合いません! 今の時期からコツコツ改善していくことが大切なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/