運動不足(冬眠)になっていませんか? 冬眠から抜け出してスタイルアップした春を迎えよう!

2014.03.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

こたつでぬくぬく……温かい暖房の効いた部屋でのんびり……いつの間にかこの冬で一気に運動不足さんが増加! 気温も徐々に温かくなり運動も楽しい季節がやってきます。健康維持、ダイエット、生活習慣病予防などにもってこいの運動で体の調子を整えてイキイキした自分を取り戻しましょう。

分かっているけれどなかなか動けない!

病気の予防やダイエットを含め、健康維持のために推奨されることが多い運動には脂肪燃焼や血行促進、筋力アップなどさまざまなメリットがあります。
ですが、適度な運動は健康に良いって頭では分かっているのになかなか実行に移せない……という女性が多いのではないでしょうか? 現に筆者もその一人。実際にも20代~30代で運動習慣があると答えた人は15%(H23国民健康・栄養調査報告より)とほんのわずか。
しかし、運動習慣のない人だからこそ、運動することで得られる効果があります。それは

1…肥満予防・改善、生活習慣病の予防
2…ダイエット、ボディラインの維持・改善
3…ストレス解消

と、大きく分けて3つ。もちろん、このほかにも基礎代謝が上がり太りにくい体になったり酷い肩こりや腰痛なども改善されるという健康効果も数多くあるんですよ。

運動の仕方はひとそれぞれ!

運動と言ってもバリバリ走るランニング、早歩きのウォーキング、手足を大きく動かしゆっくり歩くウォーキング、自宅でできるストレッチやヨガなどさまざま。そこで自分に合った、長く続けられる運動を見つけることが大切。
忙しい社会人であれば、通勤中は早歩きする、電車には座らない、階段を使うなど、毎日苦なく動ける方法が続けることで毎日の通勤時間が立派な運動時間になります。
あまり外出しない、自宅で家事をすることが多い主婦は、家事の合間にできるストレッチやヨガなども続けることで代謝もアップ、血行促進効果で続けることで太りにくい痩せやすい体質に。
肩こり、腰痛、ひざの痛みなどが酷い方はいきなりの運動ではなく、手足を伸ばしたり体をひねる、肩を回すなどの優しいストレッチ運動から始めましょう。慢性的なコリもほぐすことができ、痛みの改善やこれからの予防にも繋がり、イキイキとした体に。

このように、運動と言ってもスタンスはいろいろ。自分なりの楽しく長く続けられる運動を見つけたもの勝ちということですね!
まずは1か月間続けてみてください。運動を習慣化できる期間を1か月とし、この期間は毎日の運動を少しでも意識し何よりも苦と思わないことが大切。1か月後には内臓脂肪の減少、スタイルアップなど目で見て分かる効果が実感できるかもしれませんよ。

2014.03.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介