可愛くなれれば勝ち! プチプラコスメの選び方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.03.19.Wed

コスメの価格と効果は比例してしまうような気がしますが、プチプラコスメは侮れません。ただ安いだけでなく、コスメマニアも溺愛するような優秀アイテムがたくさん! とはいえ、選び方を間違うとやはり安かろう悪かろうな仕上がりにも。これを選べばお値段以上! なプチプラアイテムのチョイスをまとめました。

スキンケアは「量を使いたいもの」

スキンケアにプチプラなんて……と考えがちですが、高価なアイテムならどう使っても効果が出るわけではありません。高いからとチビチビ使っていると、お値段以下の効き目しか実感できないことも。たっぷり量を使いたい、化粧水やシートマスクはプチプラものを惜しげなく使う方が効果が期待できるはず。特に、化粧水はほとんどが水分。美白や保湿に関して高価な成分が配合されていても、量としてはわずか。ココをプチプラで抑え、美容液やクリームにお金をかける方が効果的に効かせることができるでしょう。

眉まわりこそプチプラで!

顔の印象を変える大きなポイントが眉。ほんの少し色味や形を変えるだけで顔全体のイメージが激変します。ヘアカラーや、その日の気分によって変化を付けて楽しみたい部分です。そんな眉こそ、プチプラアイテムの使いどころ。きれいに描いた眉の大敵は前髪でのこすれや、額近辺の皮脂ですが、高いアイテムでもこの二つに打ち勝てるものは少なく、一日お直しなしというのはムリ。プチプラアイテムでこまめに直したり、日替わりでニュアンスチェンジできるように色味を数種類揃えるほうが美人への道は開かれていそう。

マスカラは漆黒がおススメ

プチプラでも優秀なものが多いのがマスカラ。にじまない、お湯でオフできる、カールアップ効果がある、など、いろいろな特徴を打ち出したものが多いですよね。とはいえ、ブラウンやネイビーのようなニュアンスカラーの繊細な色味や上品さはやはりブランドコスメに見劣りすることも。プチプラなら「漆黒」マスカラを狙い撃ちするのが吉。どのメーカーも目元を際立てる漆黒を売りにしていることが多いので、自分の求める機能の漆黒マスカラが簡単に見つかるはず。また「ちょっとでも劣化したらすぐ廃棄」という使い方もできるので、衛生的にも安心できる点も見逃せません。

プチプラチークはリキッドやクリーム!

プチプラのパウダーチークも可愛いものが多いですが、チーク本体、またはブラシ(両方の場合も!)が小さいことが多いのが難。粉質や色味がよくても、この2点が小さいとキレイにつけることが難しくなります。リキッドやクリームならそんな心配もないうえ、プチプラでもキレイに伸びるものが多いので、ムリなくつややかな血色ほっぺを演出することができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019