お騒がせセレブ、キム・カーダシアンに学べ! 自分のボディにもっと自信を持つ方法

2013.11.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

海外セレブのゴシップで欠かせないのがキム・カーダシアン。さまざまな話題に事欠かない彼女ですが、なにがもっともセクシーさを引き出しているかといえば、あのグラマスボディそのものだけではありません。それはなによりも自分のボディを愛おしみ、大事に思い、自信を持つことだといいます。
なかなか自分のボディに自信を持つことなんてできないという方は、キムからそのヒントを探ってみませんか?

“自分と体型の似ている誰かを、お手本として意識する”

キム・カーダシアンがお手本と考えるのがビヨンセのカーヴィーな体型美。お手本といっても自分とまったく違うタイプに憧れて、無駄な努力をするのでは意味がありません。客観的に見て自分と似たタイプの女性(モデル、女優さんなど)をお手本として意識してみましょう。イメージトレーニングとなってあなたも自分の体がより好ましく思えてくるはずです。

“いろんなエクササイズにトライしてみる”

女性らしいしなやかな体型を維持するためには、エクササイズが不可欠。ただし、あまりストイックにやりすぎては筋肉ばかりがついてしまうし、楽しくもありません。友だちや家族といろんなエクササイズをちょっとだけ試してみる、あるいは組み合わせてみるのが長続きする秘訣。“合わなかったら、ほかを試せばいい”というくらいの気楽さで臨むのがいいみたい。

“ダイエットに呪縛されない”

ダイエット、ダイエットととらわれすぎてしまうのは悲しいこと。食べることが大好きなら、むりに好物を我慢したり、厳しい食事制限を自分に下したりすることは、むしろマイナスといえます。事実、体重計とにらめっこしながら厳しい食事制限やダイエットを行った人は、長い目で見ると体重が減るどころか、むしろストレスから増えてしまうことは数多くの調査で明らかになっています。腹八分目をルールとし、タンパク質、野菜、くだものをバランスよく摂ること、ストレスフルなダイエットにはしないことが自分の体を愛することにつながります。

“体重やスリーサイズ、服のサイズなどなど、数字に支配されない!”

上記の項目とも関連しますが、体重やスリーサイズ、あまりこまかく数字を気にしないこと!いずれも単なる“数字”でしかありません! 体重は少ないほうが、服のサイズも小さいほうが良いというわけではありません。何よりも大事なのは自分が毎日生き生きとした美しさをもっているかどうか、数字にこだわりだすと物事の見方も一義的になるので止めましょう。

“オールマイティな体型なんてありえない! 大事なのは自分の長所を生かすこと”

雑誌やグラビアに載っているモデルの体型が理想、素晴らしいという思いを捨てましょう。背の高い人、低い人、ぽっちゃり体型さん、もともとスリムな人、さまざまなタイプの人がそれぞれの美しさを持っています。“女優やモデルのような容姿や体型だけが素晴らしい”という思い込みを捨て、自分の体ならではのチャーミングな部分や長所を愛し、それをもっと活かすことが自信につながる一番の方法だし、ハッピーで毎日過ごせます。

誰にでもいいところがあるように、欠点や気に入らない部分もあるはず。でもそれを認め、受け入れることも忘れないで。“完璧でなければいけない”という思い込みを捨てると、もっとずっと生きやすく、自分のこともありのまま素直に愛せるようになりますよ。

2013.11.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介