年齢や重力に逆らえないたるみ肌のトータルケアとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.10.31.Thu

年齢や重力には逆らえない、若い子の弾力には叶わない「たるみ肌」。いつしか誰もが通る道!けれどまた老けたくない! そんな美意識高い女性必見のたるみのトータルケアについてお伝えしていきます。

今すぐたるみ肌チェック!

自分はいくつ当てはまっているかチェックしてみましょう。当てはまっている数が多ければ多いほど、たるみ肌という結果! そして、1つでも当てはまっていたら将来たるみ肌になる危険性大!

・朝起きたとき、シーツや枕の跡がなかなか消えない
・周りから「痩せた?」ではなく「やつれた?」と聞かれる
・体重変動はしていないのに、顎周りのお肉が気になってきた
・すっぴんで手のひらで頬にふれると吸い付かない、弾力がない
・歳の割にはほうれい線に悩んでいる

毎日、たるみ改善を意識する!

たるみとは、一言でいえば筋肉の衰え。たるみが気になるので、頑張って上へ上へマッサージしているとう方も多いようです。たしかにマッサージでむくみが改善されたりとそれなりのリフトアップ効果を得られるかもしれません。しかしそもそもたるみとは筋肉の衰えなので、根本からのたるみ改善とまではいかないのです。

顔の運動不足を解消

顔がこわばっていて硬くなっていると、筋肉が怠けてたるみ真っ盛り。毎日思い切り笑っていますか? 毎日できる顔のトレーニングとして、鏡を見て思い切り笑う、「あいうえお」 をこれ以上口が開かない位開けて動かす、500mlのペットボトルに少量の水を入れ、それを唇で加え口を使わずに持ち上げるを10セットがおすすめ。普段動かしていないさぼり顔の方はこれをやっただけで顔がプルプルしてくる感覚になりますが、それは効いている証拠!

スキンケアを変えてみる

顔がたるむとまずは毛穴が開きっぱなしになるのが初期症状。次第にまぶたが下がっているように感じたり、目の下にクマのような影ができたりするのがたるみ。そんな時は、スキンケアを変えてみましょう。毛穴に効果のあるビタミンC誘導体配合の化粧水や、AHA配合などのピーリングで肌の代謝を促すものがおすすめです。最近では、美容液やクリームにたるみ強化しているアイテムも多いのでさっそくチェックしてほしいですね。

内側からもハリを出す!

内側からといったら食事! たるみが気になってきた方は普段の食生活を見直してみましょう。たるみに効果的な成分はこの3種類! きちんと食事をしていても意外にとれていないかも!?

ビタミンA(βカロテン)

ターンオーバーを活発にして肌細胞の生まれ変わりを促進させてくれる効果があります。主にレバー・うなぎ・モロヘイヤ、そしてβカロテンの含有量がトップクラスのにんじん、今が旬のカボチャに含まれています。

ビタミンC

アミノ酸からコラーゲンが生成されるのを助けてくれ、美肌になるにはとっておきの成分。主に、パプリカ・ピーマン・キウイフルーツ・ブロッコリー・イチゴ、そして今が旬の柿。レモンというイメージもありますが、実はこれらの食材のほうが含有量が優れているんですよ。

ビタミンE

血行を促進し、肌の代謝を活発にしてくれる効果があります。また、老化の天敵、活性酸素を除去し、肌老化を防いでくれる嬉しい助っ人。主にナッツ・オリーブオイルなどの植物油・うなぎ・はまち・モロヘイヤ・アボカドなど。

加齢と同様、避けては通れないのがたるみ。そんなたるみのアンチエイジングは早いに越したことはありません。気が付いたその日からスタート! 重力に負けない肌を外側と内側の両方から目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/