秋に訪れる髪のパサつき!乾燥を防いでしっとりヘアーに!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.09.24.Tue

秋がはじまると肌の乾燥と同時に髪の乾燥も始まり、ケアをしても乾きやすくパサつきやすい状態に…。パサつく髪は自分にとって不快だけでなく、周囲からもパサパサ女という印象を与えてしまうかも? そんな乾燥に負けず、美髪で過ごすコツをお伝えしていきます。

秋~冬にかけて髪がパサつく原因とは?

秋冬の髪の乾燥・パサつきの原因は大きく分けて2つ。
1つ目は髪の毛の水分量の低下、2つ目は摩擦などによる静電気。特に髪の水分量の低下については、乾燥シーズンでの髪の水分維持が難しく、髪が固いと感じてしまいがち。そして摩擦によって起こる静電気が起こることによって髪が絡まりやすくなったり、無理にとかしてしまうと負担がかかり、余計に髪を傷めてしまうという悪循環に。この2つの原因を阻止するポイントは以下の3箇条です。

髪のパサつき防止の3箇条!

1…秋アイテムの静電気に注意!

秋からは髪は常に乾燥しやすい環境にあり、こすれあうことで静電気が起こります。
そこで、気を付けたいのが秋冬アイテムのニット素材やストール・マフラーなどと言った季節ならではのファッションアイテム。これらの摩擦によって静電気が発生しやすくなり、髪のパサつきの原因に…。夏の髪の毛の紫外線ケアと同じくらい、秋~冬の静電気ケアは大切なのです。ヘアセットの前や洗髪後などのアウトバストリートメントでしっかり保湿し、髪をなめらかにすることがポイント。

2…ワックスやスプレーを上手に使う!

固めるワックスやスプレーは、髪に加工をするため、傷んだりパサつきの原因と勘違いしている方も多いのでは? しかし、これらを使ったからといって髪の毛の直接のダメージの原因にはなりません。乾燥・パサつき髪にはむしろ、ワックスやスプレーを使用した方が、パサつきも抑えられ、ツヤも出て見た目もキレイに見えます。また、最近では保湿力も高く、肌や髪にも使えるワックスも出ているのでそういったアイテムを活用するのもおすすめです。

3…秋冬だからオイル! とは限らない

秋冬にヘアケアアイテムをオイルに変える方も多いようですが、決してオイルだけが良いとは限りません。例えばウェーブやパーマをかけている方ならミルクがおすすめですし、ネコっ毛のような細い髪にはミストタイプがおすすめです。ツヤ感を重視して出したいのならやっぱりオイルがピッタリ。このようにオイル=保湿にとらわれず、自分の髪質や髪型、そして仕上がりの好みに合わせて選ぶのが一番!

4…洗髪のお湯の温度は高すぎるのは禁止!

これから寒くなり、お湯の温度も夏よりも高くなりがち。しかし寒いからといって40度近いお湯で洗髪してしまっては、髪は潤いを逃がしてしまうほか、熱すぎて乾燥を加速させる原因に。それだけでなく、毎日続けていると地肌を傷めてしまったり、かゆみをもたらす可能性も。洗顔を熱いお湯でしてはいけないのと同じで、洗髪の温度も最高38度にしましょう。
そして、ドライヤーで乾かす際に、乾きやすい毛先からでなく、必ず根元からしっかりと乾かすこと。先に毛先が乾いてしまったらミストタイプのトリートメントなどで湿らせ毛先に負担がかからないようにしましょう。

これさえ守れば乾燥やパサつきを軽減できる! 髪のパサつき防止にはとにかく髪の毛をなめらかにすることが大切! シャンプー・コンディショナーはもちろん、アウトバストリートメントを選ぶ際には仕上がりの好みで髪がスルスルっとなるものをチョイスしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/