汗、紫外線、ホコリ、過酷な夏の刺激で疲れた髪を癒すナチュラルなヘアケアのヒント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.08.10.Sat

蒸し暑い湿気と紫外線、汗などなど夏は髪にとって非常に過酷なコンディションといえます。傷みやすく、パサつきになりがちな髪をしっかり守るためにも、ナチュラルなヘアケアを心がけたいもの。
人工化合物を使わない天然成分なら、頭皮に余計な刺激を与えることもありません。そんな髪にも頭皮にも優しいケアを目指しましょう。

ドライヘアでパサつきな髪が気になる人は…

ココナッツオイルを使ったヘアパックがおすすめ。
ココナッツオイルは保湿力に大変優れています。とくにオーガニックのバージン・ココナッツオイルはビタミンEなどの天然成分が豊富で、栄養を届け、コシのある髪質になるのを助けてくれます。室温では固形状ですが、人肌に触れて温められるとオイル状になります。

ココナッツオイルのヘアパック方法とは?

1:ココナッツオイルを小さじ1杯ほど手にとり、ゆっくりなめらかにし
  てから、髪に塗ります。
2:2時間ほどそのまま放置してから、シャンプーで洗い流します。ある
 いは、夜ココナッツオイルを髪に塗ってそのまま寝て、翌朝シャン
 プーで洗い流すのでもかまいません。
3:ふけが気になる人は、シャンプー前にココナッツオイル少々を頭皮
  にもみこむようにマッサージしてから洗い流すようにしましょう。

オイリーヘアで油分が気になる人は…

すっきり爽快感のあるリンゴ酢のシャンプーがおすすめ。
オイリーヘアケアにヨーロッパで伝統的に使用されてきたのがリンゴ酢。頭皮内のオイルバランスを正常に戻す働きが古くから認められてきました。またお酢の効果として、天然の殺菌消毒作用もあるので、とくに汗をかきやすい頭部を清潔に保つためにも理想的と言えます。リンゴ酢をよく髪に馴染ませたあと、低刺激性のシャンプーでやさしく髪を洗ってみてください。

日々のシャンプーやドライヤーで髪はとくに痛みやすくなっています。余分な刺激の少ないナチュラルケアでやさしくいたわって髪本来の輝きとツヤを取り戻すようにしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。