「彼女はすごくいい!」ベッドで彼をトリコにできる女子がしていること6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.08.02.Wed

どんなに愛し合っているつもりでも、彼がセックスライフについて本当はどう思っているのか……となると自信がない人は案外多いのではないでしょうか。でも彼から「彼女はすごくいい!」と思われ、ベッドで彼をトリコにしているような女子には、ある共通項があるのです。果たしてそれはどんなことなのでしょうか?
ベッドでもっと自信を持って振舞うためにも、そんな彼女たちがやっていることを参考にしてみましょう! まずは自分ができそうと思えることからスタートしてみて!

ベッドで彼をトリコにする女子の共通項って?

1: 自分から誘うことができる

彼女がいる男性たちの多くが「たまには彼女からも誘ってくれればいいのに」という不満を抱えているようです。裏を返せば、恥ずかしがったりせず堂々と自分から「しよう」と誘える彼女は、それだけ評価が高いということ。「セックスは男性がリードすべき」なんて考えは古典的。もっと楽しみたいなら、たまには自分から誘える女であるほうが、彼にとっても魅力的なのです。

2: 新しい体位・プレイ…彼からの提案に対してオープンである

いつものワンパターンなセックスが飽きてしまう、たまにはいつもと違う体位や変わったプレイをしてみたい……そんなひそかな願望が、男性たちにはあります。それらに対して、すぐに拒否反応をしめしてしまうような彼女は、彼としてもぞんぶんにセックスを楽しめません。それとは反対に、自分の提案に対し「それ面白そうね、やってみよう」なんてオープンに応じてくれる彼女は、彼にとっても手放せない存在です。

3: 嫌なこと、気の進まないことにははっきり「イヤ」と拒否できる

前項で、自分の提案に対してオープンであってほしいという男性心理を指摘しましたが、だからといって、何でも言いなりになってほしいと思っているわけではありません。嫌だと思うこと、気の進まないことに対しては、はっきりと拒否してほしいと思っています。
対等な恋人として相手をリスペクトしているなら、当然の気遣いです。彼に嫌われるかもしれないと恐れていたり遠慮していたり……そんな態度は彼も薄々感づくことでしょう。セックスに限らず、どうしたいのかきちんと意思表示できる女性こそ、セクシーなのです。

4: 「もっとこうやって」と自分の欲求をストレートに表現できる

何でも彼のリードに任せっぱなし、という女性はいずれ飽きられてしまうでしょう。互いにセックスを楽しんでいるなら、女性側からも「もっとこうして欲しい」という欲求があるはずだし、それを彼に臆せず伝えられる率直さがあってこそ、彼も安心して信頼することができます。「こんなこと言ったら彼、ひいたりしないかしら?」なんて不安はご無用。彼だってあなたがもっと気持ちよくなるセックスをしたいと思っているのですから。

5: 彼がうまくリードできない日があっても、文句を言ったり騒ぎ立てない

いいムードになれば、彼がいつでも求めてくるもの……なんて思い込んでいませんか? でも、彼だって生身の人間。したい気持ちはあってもカラダがついていかない時だってあるんです。そんな時、あからさまにガッカリしたり文句を言ったりするようなデリカシーのない女では、嫌われてしまいます。
仕事のストレスや肉体的な疲労などでうまくいかない時だってあります。そんな時は責めたりせず、彼がリラックスできるようなムードを醸し出す“癒やし”の存在になってあげましょう。

6: 自分のボディに自信があり、卑下したりコンプレックスを感じていない

貧乳さんだってぽっちゃりさんだって、彼にとっては愛するあなただからステキだし、セクシーだと感じているのです。自分のボディに自信を持ち、女としてのセクシーさを忘れないことこそ彼をベッドでもトリコにする一番の道。反対に、コンプレックスを持って隠そうとしたり卑下したりするような態度では、彼だってなえてしまいます。堂々とありのままの自分をさらけ出せること。そんな自信と潔さこそ、女性としてのセクシーさの源なのです。

▽ 参考記事(海外サイト):Do men REALLY want a 'lady in the streets and a freak in the sheets'? Sex expert Tracey Cox says yes, and shares the 15 things ALL women who are good in bed do (so how many can YOU tick off?)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。