暑くてガードが緩みがち!? 夏のデートで気をつけるべきポイント3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2017.07.12.Wed

今こそ夏は出会いも増える季節。彼氏はもちろん、気になっている男性とデートをする機会も多いはず。でもちょっとした言動が、彼とのすれ違いの原因になったり、自分がのちに傷ついてしまうきっかけになるようです。そこで今回は、「夏のデートで気をつけるべきポイント」についてまとめてみました。

夏のデートで気をつけるべきポイントって?

1: グチ厳禁!

夏の日差しに負けて、つい「暑い~」「疲れた~」とグチをこぼしてしまう人もいるはず。でも毎回そのワードを聞かされている彼は、内心ウンザリしているでしょう。

・ 「デート中ずっと『暑いよ~』『焼けたくない~』と文句ばっかり言っている彼女。そんなこと言ったらどこにも行けないし、こっちもイヤな気持ちになる」(27歳/男性/通信)

▽ ただ思ったことを口にするのではなく、「暑くてちょっと疲れちゃったから、どこかで休憩しない?」と次の提案をすると良いのかもしれませんね。

2: デート先はふたりで決めよう!

人によってインドア派かアウトドア派かわかれますが、過ごしやすい季節なら苦手なことも何とか受け入れられるもの。でも真夏に意に反したデートを勝手に決められてしまうと、彼もイラッとしてしまいます。もしかしたらデート中にケンカになってしまうかも……。

・ 「私は夏こそディズニーや遊園地で盛り上がりたかったんだけれど、彼は涼しい場所でゆっくりしたかったみたいで。一応デートに付き合ってはくれたんだけれど、『価値観が合わない』と振られてしまいました」(25歳/女性/販売)

・ 「彼女と海やプールに行きたかったのに、出かけるときは毎回夜から居酒屋ばかり……。結局ストレスがたまって、浮気しちゃいました」(26歳/男性/営業)

▽ 知らぬ間にデートに不満を持たれてしまい、そのまま破局……。これほど恐ろしいことはありませんよね。夏こそ自分のデートプランの押しつけは厳禁ですね!

3: ガードは固めに

夏は開放的な気分になってしまうもの。そのため「ひと夏の恋」や「一夜限りの恋」には要注意です!

・ 「イケメン男子に海でナンパされた。夏の間は何度か遊んだりしたんだけれど、肌寒くなってきた頃に彼とは音信不通に。私はきっとセフレ要因だったんだなと思うと、ちょっと悲しくなった」(25歳/女性/サービス業)

・ 「好きな人からデートに誘われて舞い上がってしまい、付き合ってもいないのにエッチをしてしまったことがある。普段だったら絶対そんなことしないんだけれど、『夏だしいっか』って思っちゃったんだよね……。もちろん彼とは付き合えませんでした」(27歳/女性/営業事務)

▽ 一度してしまった過ちは消すことはできないですからね。あとで自分が傷つかないように、夏こそガードは固めにするようにしましょう!

暑さにやられてしまうこの季節ですが、思いやりを持って彼と接することが大事。またたとえ良い出会いがあったとしても、流されて体を許してしまうのはNGですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]