彼とのラブライフをもっともっと楽しむためのシンプルルール6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.01.18.Wed

せっかく彼がいるならラブライフももっと楽しみたい! ふたりで最高の時間を過ごしたい!! なんて思いませんか? 愛し合っているカップルでも、ことセックスとなると本音トークを避けたり、現状に甘んじたりしがち。“こんなものか”と思ってしまうと、ほんとうにそのレベルに留まってしまいますよ!
“愛する彼ともっと楽しみたい、深く愛し合いたい”と願うのはごくごく自然なことだし、彼だって嬉しいはず。今回はそのための“シンプルルール”をご紹介しましょう。

もっともっとボディタッチ、そしてキスをしよう!

ふたりの親密さを高めるためには、スキンシップやキスが欠かせません! それなのに、いざベッドインすると、フォアプレイもそこそこに急ごうとするパターンになりがち。そんなセックスに不満を覚える女子もじつは多いのです。
全身の感覚を研ぎ澄ませ、より満足度の高いセックスにするためにも、もっともっとボディタッチやキスに時間をかけましょう。首筋、背中、足、など全身のいろいろな部分に触れることで気分もグッと高まります。

今までやったことないことにトライしてみる

誰にでも“決まったパターンが結局、一番ラク”と思えることがあります。セックスもそのひとつかもしれません。いろいろ冒険してみるより、いつものやり方でいいと“安全圏”に甘んじてしまうのです。でもなにか1つ新しいことをとり入れてみることで、そんな気持ちが変わるかもしれません。
場所や体位を変えてみたり、ソフトなSMやロールプレイに挑戦してみたり……マンネリパターンを打破するためにも、ちょっとだけなにかを変えてみるのはおすすめです。

潤滑ローションを使ってみる

今よりはるかに気持ちいいセックスをするのに、高価なオモチャはいりません。それよりももっと気軽に潤滑ローションを試してみて。よほどのことがない限り、そんなものを使うのは気恥ずかしい……と思っていたらそれは大きな間違い! 行為をよりスムーズに、そして快感をアップさせるための心強い助っ人アイテムと考えてみてはいかがでしょう?

セクシームードを盛り上げる“お守りアイテム”を身につける

セックスに自信を持つってなかなか難しいですよね。あまり積極的すぎて彼が引いてしまっても困るし、とてもプライベートなことなので基準もよくわからない……でもオドオドしているより、自信をもって堂々としているほうがリラックスできるし、セックスだって楽しめるものです。そのために気持ちを後押ししてくれるなにかお守りのようなものを身につけてみましょう。
つけるだけで気分がときめくハイブランドのランジェリー、ここ一番というときに女度を上げてくれる香水(香りが異性を魅了するパワーは侮れません!)、女性らしさを高めてくれるローズクォーツのアクセサリーなど。そんなアイテムひとつで気分も変わってきます。

自分たちのセックスをほかと比べてはダメ!

無意識のうちに、自分たちのセックスをほかと比べていませんか? 友だち、世間一般、あるいはポルノの世界……でもこれは自信を失い、セックスを楽しめなくなる一番の理由でもあります。
ポルノはあくまで非現実的な妄想ワールドなのだし、他人は他人、自分たちは自分たちであって優劣を競うものではありません。フォーカスすべきは、彼とあなたの関係そのものなのですから。

セックスの前に、心と心がちゃんとつながっているか考えてみる

心と体は密接につながっているのですから、二人のセックスについて考えるなら、気持ちがちゃんとつながっているか、愛し合えているかということもとっても大事。もしそうでないのならカップルのセックスとして大きな問題です。
普段からふたりでじっくり会話できる時間を10分、20分でもとって、コミュニケーションをとっておきましょう。相手が今どんなことを考えているか、悩んでいることはないか、小さなサインも見逃さないように! そしてベッドに入る前に、ふたりでお酒でも飲みながらリラックス……そんな心を通わせる時間をとれているかどうかで、ラブライフの満足度もはるかに変わってきます。

▽ 参考記事(海外サイト):Kiss more, ditch porn and DON'T compare yourself to others: Sexologist reveals her (surprising) tips to make 2017 the year you have the best sex yet

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。