「恋人ができると友人を失う」は本当だった!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.11.13.Sat

「恋人ができたとたん、友人が疎遠になってしまった……」そんな寂しい状況を経験した人は多いと思うが、イギリスで行われた調査によると、どうやらこれは避けては通れない真実のようだ。平均年齢28歳の男女540人を対象に、個人の社会的ネットワークに関する調査を行ったところ、恋人ができることによって、親しい友人2人を失うことが明らかになったのだ。

この調査を行ったオックスフォード大学のロビン・ダンバー教授によると、人が一生のうちに確立する社会的ネットワークは約150人。通常は家族や知人、友人によって構成されていて、その中でも特に近い関係である「インナーサイクル」に値するのは、平均で5人しかいないという。

教授は、「恋人ができると、インナーサイクルの人数が5人から4人に減るようです」と説明。「しかも恋人もその4人に数えられるため、実際は2人の友人がインナーサイクルから外されることになります」

恋人との関係を確立することに時間を費やすことが、友人を失う原因のようだ。ダンバー教授は「感情のつながりは、交流する回数と大きく関係しています」と説いている。つまり、恋人と合う回数が増えて二人の関係が親密になる代わりに、友人と合う回数が減り、友情が薄れてしまうということだ。また興味深いことに、恋人が浮気や不倫相手の場合は、友人を失わない傾向があるという。

ちなみに、「インナーサイクル」の定義は、週に少なくとも1度は会い、必要なときは心の支えになってくれる人。通常、男性は4、5人、女性は5、6人のインナーサイクルがいるという。そしてインナーサイクルの次に親しい層として、少なくとも月に1度は合う、または、死んでしまったらとても悲しい人が挙げられる。このレベルの友人は、男女ともに平均10~15人いるそうだ。さらに次の層には、会社や習いごと、スポーツクラブなどで知り合った人が当てはまる。これらを合計すると、生涯に確立するネットワークの人数が150人になるというわけだ。

また、ダンバー教授がソーシャル・ネットワーキング・サイト「フェイスブック」に関する調査を行ったところ、サイト上で登録している「友達」の平均数は120~130人で、教授の調査による「生涯かけて確立する社会的ネットワーク」の数(150人)とほぼ同じであることが分かった。教授によると、150人というのは、人間の脳がスムーズに対応できる上限なのだという。

面白いことに、女性よりも男性の方が、フェイスブック上での「友達」の数が多いそうだ。教授は「男性の方が、フェイスブック上の友達の数を競う傾向があります。数が多いほど、異性にとって魅力的に映ると考えているのではないでしょうか」と語っている。

photo by friker Beatriz AG
参考記事:The price of love: two of your closest friends

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!