海外の女性誌に学ぶ恋愛レッスン

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.11.27.Sat

「長すぎる春」から「彼氏いない歴日々更新中」まで、恋愛をめぐる様々な悩みはつきません。それは、海外の女性たちだって同じ。ある雑誌の特集されていた「恋愛レッスン」、あなたの参考にもなるのではないでしょうか?

レッスン1:自分の気持ちに正直に。友達や社会の尺度に惑わされず、自分の直感を信じて

20代後半に出会った男性と付き合いだしたAさん。
激しい恋愛感情はなくても落ち着いた関係が心地よかった。周囲の友達も結婚しだしたので、なんとなくその流れにのって結婚。しかし、その生活はすぐにマンネリ化し、2年後に離婚「なにか決定的なものが欠けていたのよね、相手はすぐにただの同居人みたいになって、大変な失敗を犯したと気づくのに2年もかかったわ」と振り返ります。

レッスン2: どんなに夢中になっても恋愛依存症になってはダメ。仕事や趣味にも打ち込むこと

シドニーとメルボルンとの遠距離恋愛で始まったBさん(32)。
2つ年下の彼氏に舞い上がってしまい、仕事も友達も投げ出して彼の住むシドニーに移住。最初はラブラブ状態が続いたものの、だんだん冷静になってくると、彼氏オンリーな生活になってしまったことに気づいたといいます。
彼もそんな関係を重く感じ始めたのが、2人の仲はだんだん険悪に。
そんな状況を打開しようとBさんは一念発起して、専門学校の美容コースに入学。その関係で新たな仕事を手にし、恋愛依存から立ち直りました。

レッスン3: 客観的条件だけで相手を見ない。「オープンマインド(心を開いて)」で自分の許容範囲を広げてみる

長いチェックリストをつくって理想の相手を求めていたCさん(35)。
高学歴、高収入、高身長はもちろんのこと、年齢ターゲットや家族構成まで事細かなチェックリストを用意していて、1点でもその条件を満たしていなかったら、さっさと相手との可能性を消去していたといいます。
そんなことをしていてはなかなか相手が見つからないのも当然。
ある日、友人からはっきりと、「そんな現実離れしたことを続けていたら、一生誰とも結婚できないし、子どもなんて絶対ムリ!」と忠告されて、目が覚めたといいます。そして、数ヵ月後、完璧とはいえなくても、十分それに近いといえる素敵な彼氏ができました。
「今までいかに多くの女性が、」白馬に乗った王子様「願望にとらわれているか思い知ったわ。自分の条件にこだわりすぎていたら、今の彼とも出会えていなかったはずだわ」といいます。

落ち着いて考えれば、3点とも日本でもよく言われていること。頭では分かっていても、なかなか実行するのは難しいものですが、今一度よく考えてみてはどうでしょうか。

photo by friker Knivesout


食べて、祈って、恋をして ディレクターズ・カット版


この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!